用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

海上自衛隊の用廃機展示場所

1.概要

海上自衛隊の用廃機は2020年4月9日の時点で全国28か所に展示されており、このうち8か所は基地内展示、いわゆる「ゲートガード」となっている。残りの20ヶ所は民間や公共施設での展示だ。役務別・機種別に確認すると中型~大型機に分類される哨戒機や救難用飛行艇は展示場所の確保や展示後の維持が困難なためか展示されている機体はそれほど多くなく、教材機や機首部分の展示のみの場合を含めて6ヶ所ほどだ。残りの22ヶ所には練習機、連絡用小型機および各種ヘリコプターが展示されている。展示場の中で鹿児島県鹿屋基地の航空史料館には固定翼機9機機種、回転翼機4機種が展示されているが、台風の影響の大きい地方で大部分が屋外展示となっているため、「将来に渡り歴史を残す」という観点からは不安が残る。

2.展示場所

おおむね北から南への順番で展示場所を列挙する。

<北海道>  海上自衛隊の展示機は存在しない。 

<東北>   展示場所は3か所

(1)   青森県 大湊基地ゲート前: HSS-2B、SH-60J。2018年7月公開から2019年7月公開の間にT-34とKM-2が撤去され、新たにSH-60Jが展示された。またHSS-2Bの機番が67から62へと変更された。

(2)  青森県 七戸市天間林中央公園: HSS-2B

(3)  福島県 オールドカーセンタークダン: OH-6J(ただし陸上自衛隊機に海上自衛隊塗装を施したもの)

f:id:Unikun:20190404224403j:plain

写真1 天間森中央公園のHSS-2B。(2018年06月29日撮影)

 

<関東>   展示場所は7か所

(4)  茨城県 つくば市 国土地理院前:B-65P

(5) 千葉県 海上自衛隊下総基地内: B-65, JRB-4, KV-107, SNJ-5。ほかに下総基地の第三術科校では用途廃止となったP-3C、P-2J、SH-60Jを教材として使用中。サマーフェスタ開催時に見学できる可能性が高いが、開設記念祭ではこれまでに公開されたことはない。また基地内廃棄物ヤードにP-3Cの用廃機が置かれていることがあり、基地公開時に遠望できる。

(6) 千葉県 松戸市 ユーカリ交通公園: S-62

(7) 千葉県 鎌ヶ谷市 市政記念公園:  SNJ

(8) 千葉県 旭市 緑地公園: SNJ

(9) 千葉県 海上自衛隊館山航空基地内: HSS-2B, SH-60J, S-61, KM-2

(10) 東京都 江東区個人宅: P-2J初号機の機首 

<甲信越> 海上自衛隊の展示機は存在しない。 

<東海・北陸・関西>  展示場所は7か所

(11) 愛知県 三菱重工 小牧工場: HSS-2B

(12) 愛知県 名古屋港 南極観測船ふじ甲板: S-61A

 (13) 岐阜かがみがはら航空宇宙博物館:P-2J、US-1A、UF-XS。開館は水曜日~月曜日の10時~17時(週末18時)。休館日は年末年始と毎週火曜日。

(14) 岐阜県 飛騨エアーパーク: HSS-2B、KM-2

(15)   石川県 石川県立航空プラザ: HSS-2B、KM-2

(16) 和歌山県 海上自衛隊由良基地:HSS-2B

 (17)   京都府 舞鶴市 メイホウゴルフガーデン: SNB-5

 <中国>  展示場所は5か所

(18)  島根県和木町 蜂ヶ峯総合公園:B-65

(19) 山口県 岩国基地内: PS-1。基地内かつ米軍エリアなので事実上見学不可。

(20)    山口県 陸奥記念館(周防大島): PS-1屋外にあるため365日24時間撮影可能。 (21) 山口県 海上自衛隊小月基地内: SNJ-5(6164), T-34A(9005), KM-2(6292),

KM-2(6293/資料講堂内), T-5(6334)

(22)   山口県 萩市アクティビティパーク: KM-2

f:id:Unikun:20190404094429j:plain

写真4 国内で見学可能なPS-1飛行艇陸奥記念館の5815機のみ。再塗装されることはなくボロボロだ。周囲の植樹は時々伐採されている。(2010年09月19日撮影)

 

f:id:Unikun:20190404203819j:plain

写真5 海上自衛隊小月基地のSNJ-5。(2010年7月24日撮影)

 

<四国>  展示場所は2か所 

(23) 徳島県 徳島航空基地: S2F-1, S-62J, TC-90, B-65(機首のみ)。年に一度の一般公開日が撮影のチャンスだ。 S2F-1は1980年前後に千葉県木更津基地に展示されていた機体を移設した。

(24)   徳島県   海上自衛隊小松島航空基地: HSS-2B、SH-60J 

<九州・沖縄>  展示場所は4か所

(25) 福岡県朝倉市黒川の音楽館:2機のKM-2および航空自衛隊のT-34A前部胴体

(26) 大分県竹田市 山口商会: KM-2

(27)   長崎県 南島原市、漬物の里 ふるさと館: SH-60J

(28) 鹿児島県 海上自衛隊鹿屋航空基地史料館。展示機はP2-V7, P-2J, US-1, S2-F1,Bell47G,HSS-2A,S61ほか。ゼロ戦もあるぞ。開館は年末年始を除く0900-1700、入場無料。

f:id:Unikun:20190404204742j:plain

写真6 島原半島の島原よりやや南にある道路沿いの漬物屋に展示されているSH-60J。

   (2010年09月11日撮影)

 

f:id:Unikun:20190404094316j:plain

写真7  鹿屋基地史料館に展示されているP-2J。 

 

4.その他

(1) 熊本県上天草市のパールセンターに1984年10月1日以降に展示されていたPS-1飛行艇5810号機は手入れをされることもなく老朽化し、2018年12月に八代市の解体業者に搬入され、12月25日には解体された姿が目撃された。貴重な機体でしたけどね。残念なことです。

(2) 愛知県の幸田町の博物館のKM-2は2018年頃に撤去された。

(3) P-3Cの用途廃止が進んでいるが、2019年11月24日の時点で展示機となった例はない。 

以上

<編集履歴>

??Aug.2018 Mixiに公開

21Feb.2019 Blogに移設

27Apr.2020 見直し更新(第5回目、体裁見直し)