用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

このBlogについて

<編集履歴> 30Jan.2019公開、29Nov.2021見直し更新(第3回目、全文見直し実施)

 

 このBlogでは主として日本国内や主に東南アジア諸国の基地、空港、公園などに置かれている「飛べないヒコーキ」を訪問する際のヒントを提供する場所として作成しました。

 紹介するのは「私が訪問した場所」と、「私が訪問してみたい場所」がメインです。ただし航空大国(欧米)の博物館などはネット情報も充実していて「チョイと調べれば答えが出てきて当然」、「ネット情報に従えば行くことができて当然」なのであまり触れません。現地の人しか知らないような公園や店先など「おや、こんなトコロにも機体があった!」という場所の紹介が多いのは「ワタシの好み」かな。

 また一部の国・地域では航空ショーの様子やスポッティングガイドも記載し、皆様が現地を訪問される際の一助となるようにしています。

 自分自身や読者の皆様が実際に現地を訪問して機体を撮影することを主眼に書いてますので、展示機の機種解説や運用実績、展示機の経歴やエピソードなどの背景やウンチクについては原則として書いていません。このためもっと詳しく知りたい方や現地の紹介記事や旅行記などを書こうとする方は別途調べてくださいね。

 パソコンでアクセスされた方は右にあるカテゴリーからお好みの場所(国名)を選んで読んでください。スマホの場合にはカテゴリ欄が読めないようなので「用廃機ハンター」プラス「国名」あるいは「展示場所」や「機種」で検索してみてください。

 

 最後に、本Blogを読んだ皆様が「旅の途中でチョイと寄り道して見てみようか」と思われましたら大成功だと思っています。

以上

シンガポール空軍博物館リオープン!

 コロナの影響で2年間ほど休館となっていたシンガポールの空軍博物館は5月18日ごろから一般公開を再開している。

 展示物に変化は無いようだが、休館日が日曜、月曜の週休二日になったこと(他にも年間数日の休館日あり)と、開館時間が0900-1600と若干短くなった。「日曜日休館」というのが弾丸旅行者にとっては痛い変更かな。

RSAF - Air Force Museum

シンガポール空軍博物館 - 用廃機ハンターが行く!

 

直ぐに行く人はまずいないと思うけれど、お知らせまで。

以上