用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

このBlogの使い方 (How to use)

【目的】

 このBlogは主に東南アジアから極東の各国に展示されたり放置されている「飛べないヒコーキ」を訪ねる際のヒントを提供する場所として作成しました。なお一部の国・地域では航空ショーの様子やスポッティングガイドも記載し、皆様のご訪問時の一助となるようにしました。

 現地に辿り着くための情報を提供することに主眼を置いていますので、展示機の由来や背景、機種解説や当該国での運用実績・エピソードなどは基本的には記載していません。これらの詳細は別途ネット検索を行って、そのスジのリサーチャーのHPなどを参照してください。

 

【ご紹介する範囲】

 ご紹介できる展示場所は10数か国・地域、200ヶ所程度ありますが、なかなか書く方が追い付きません(汗)。

<私自身が訪問した場所の紹介はひとまず終了し、今後は記載情報の見直し更新と、次

 に私自身が訪問したい場所を紹介する予定の国>

Australia、Cambodia、India(デリーのみ)、Laos、Phillipines、Malaysia、Singapore、

香港、Vietnam

<訪問済でネタがあり、今後気合いを入れてコンテンツを増やそうとしている国>

中国、台湾、韓国、Indonesia、Thailand

<番外編として東南アジア・極東以外で訪問した場所の紹介>

ヨーロッパ各地、アメリカ2~3ヶ所、ロシアのモニノ博物館など

 

【本Blog作成の予定】

1.2019年6月末頃までは東南アジアの既訪問場所をサラリと紹介することを目標としま

 す。紹介件数は180件以上を目標にしています。

 この間は多少の誤記や誤認識は気にせず、とにかく書き進めます。

 間違った情報を提供することになるかもしれませんので、記事を見て「行ってみよ

 う!」と考えた方は、地名や位置座標を元によ~く現地状況を確認してくださいね。 

2.その後は記事を増やしながら、アクセス情報や展示機情報(機体番号など)を主体

 に見直しを行い、内容を充実させていこうと考えています。

 

【使い方 How to use】

1.訪ねてみたい国をカテゴリーで選択してください。

       Select  country from the "Cateory"

2.まずは国別の「概要(Summary)」の記事を一読ください。

 国ごとの状況を簡潔にまとめたつもりです。

       Read "Summary" at first.

3.各展示場所の情報をご確認ください。

  各記事に記載した緯度、経度情報からGoogle Map/Earthで最新の様子を確認してく

  ださい。なお緯度経度情報は小数点以下第四位までとしています。

  (誤差はせいぜい機体の大きさ程度のため)

  機体が屋内や樹木の下などにあって衛星写真で確認できない場合には、その旨を記

  事中に記載してある・・・ハズです。それにも関わらず、なお機体が確認できない場

  合には、すでに撤去されたか移転された可能性があります。

      Check the location.

 

【注意事項】

1.アクセス方法は原則として私が訪問した時の情報を元に記載しています。

 私は現地での触れ合いの旅を基本としているため、移動手段は「徒歩、バイクタ

 クシー、トゥクトゥクなどの三輪車、バス、ソンテウなどの乗合車やピックアップト

 ラック」レベルを中心に記載しています。

  しかし、これらの移動手段を用いた場合にはスリ・置引きなどに遭う確率も高くな

 ります。けっしてベストな方法ではありませんので、お急ぎの方、荷物の多い方、安

 全性を高めたい方は、どうぞレンタカーやタクシーをご利用ください。 

 

2.本Blogに記載している以下の情報は、現地の状況によって頻繁に変わるものだと考

 えて読んでください。

 これらは適宜見直して記載情報を更新をするつもりでおりますが、それでも皆さんが

 訪問される際には、ご自身で最新情報を確認してくださいね。

 <交通に関する可変情報>

  駅・港・バスターミナルやバス停の位置や名称、運行経路や路線番号、運賃や料

  金、チケットの予約・発券システム、発着時間や発着頻度、所用時間、運行会社や

  その名称、使用される車両の大きさや数、座席の優劣など。

<展示に関する可変情報>

  展示場所の名称、開館時間、閉館時間、閉館日、入場料金、展示位置、展示方法、

  機体に描かれた番号やマーキング、展示機そのものや展示機数、周辺にある展示物

  など

 

3. 本Blogが全ての情報を網羅しているワケではありません。

 いきなり”逃げ”の発言となりますが、実際に目的地のすぐ近くや通過地点にも展示機

 があったにも関わらず、調査漏れのためにコレに気づかず通り過ぎてしまい、帰国後

 に知って地団太を踏んだことは何度もあります。

  本Blog以外の情報も貪欲に収集して現地を訪問してください。

 

 4.ネットで十分に最新情報を調べたつもりで訪問しても、実際には次のような事例に

 遭遇しています。

   1) 直前にバスターミナルが移転しており、現地は空のビルになっていた。

   2) 従来のバス路線の変更や廃止により、事前調査した交通手段では目的地に行

     けなくなっていた。(原因:道路工事や新たな道路の開通など)

   3) 現地の展示機は既に解体・撤去されて無くなっていた。

     もしくは展示場所が閉館されていた。

   4) 機体は存在するも工事やイベント開催等による「一時的な理由」により見る

    ことが出来なかった。

   5) 途中の交通事情(工事渋滞、通勤渋滞、増水による道路水没、大雪による航

    空便の欠航など)により、現地に辿りつけなかった。

 

 まぁ、これらも旅の楽しみと現実を受け入れ、機転を利かせて対応してください。

 そういうことで本Blogの情報を元に現地を訪問し、そこで生じたいかなる損害・損失

 も当方は関知いたしません。あしからず。

 

5.一方でネット上に情報のない機体が新たに設置されていたり、新しい道路やバス路

 線が整備されていて、より行き易くなっていることもあります。

  訪問された皆様が「世界初のレポーター」となる可能性は常に存在します。   

 

 最後に「ご安全に!」とは敢えて言いません。

 なぜなら用廃機は必ずしも「安全」とは言いきれない場所にも存在しますので。

 現地での状況を見極め、諦めて引き返す勇気も時には必要です。

 それでは、「よいご旅行を!」。

 

 以上

<編集履歴>

作成    31Jan.2019

最終見直し 02May.2019

 

 #用廃  #展示機  #博物館  #海外旅行

 

達州科技館のJ-7(四川省達州市、調査継続中)

<場所 Place>       達州市の科技館の西側道路沿い

<座標 Location>      

<機体 Aircraft>   1) J-7C(J-7III) S/N:   151(黄色文字)                           

<行き方 Access>

1.   未調査 

<解説General> 

1. 達州市は成都の北東、直線で約320km、道なりで約460kmの中堅都市だ。

2. 科技館の建屋は2015年1月に完成し、MiG-21は2017年1月1日(元日、という記事が

 あるので1日としておく)に搬入設置された。一般公開は一年後の2018年1月15日か

 らだ。MiG-21を見るだけなら24時間いつでも可能。

3. 達州は重慶から約200km、成都から約320kmの位置にあり、両都市から鉄道やバス

 の便が多くある。

 (1) 重慶から: 鉄道で最速2時間台、バスで5-6時間程度(詳細未調査)。

 (2) 成都から: 動車(D-No.)で約3時間、120元程度。

         K-No.だと5時間程度かかる。

         バスでも100元前後で所要5-8時間。

4. Google Map の衛星写真は科技館建設前のもの(2019年5月18日)。

 百度衛星写真では確認できない(同日確認)。

5. 展示された機体は元は成都の四川科技館に展示されていたAVIC Iの試作機で、ここに

 展示されていた時の写真はネット上で多く見ることができる。

 四川科技館は2016年6月18日から2017年11月までの間に改装のため一時閉館された

 が、この間に機体は展示物の最後に搬出され、達州に送られた。

 達州では前述の通り2017年元旦から開館前の科技館西側道路沿いの屋外に台座を設け

 て展示されている。「登るな」と書かれているが、台座に登って触れるものが多く、

 周囲に柵の設置を検討している模様。

  また最近では周囲に不法駐車が多く、問題になっているとのこと。

  貴重な機体だが、扱いが悪いため早期に撮影に行くことが望ましい。

<余談>

1.  私は2017年3月に成都を訪問したが、この時には四川科技館は既に改修閉館中であ

 り、当該機を見ることはできなかった。

2. 「HJ Aero Profile Vo.5 MiG-21 フィッシュベッドプロファイル写真集part-2」(ホビー

 ジャパン社、2019)のp.96に四川科技館で撮影された本機の写真が掲載されている。

 キャプションが「北京軍事博物館」となっているが、明らかに間違いなので指摘して

 おく。 

<訪問日 Visit> 未訪問、ネット情報収集中。

以上

<編集履歴>

18May.2019 公開

20May.2019 見直し