用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

このBlogについて

【このBlogについて】

 このBlogは主として東南アジアから極東の各国に展示されたり放置されている「飛べないヒコーキ」を訪ねる際のヒントを提供する場所として作成しました。

 また一部の国・地域では航空ショーの様子やスポッティングガイドも記載し、皆様が現地を訪問される際の一助となるようにしています。

紹介するのは「私自身が行ったコトのある場所」と「私自身が行って見たいと思う場所」です。ただし欧米の航空先進国のように整備され、ネット上に正規のHPを有するような博物館は「行くことができて当然」なので、あまり触れません。現地の人しか知らないような公園や店先など「おや、こんなトコロにも機体があった!」という場所の紹介が多いのは「ワタシの好み」ですね。

 自分自身や読者の皆様が現地に辿り着くための情報(あくまでヒント)を提供することに主眼を置いていますので、展示されている機体の由来や背景、機種解説や当該国での運用実績・エピソードなどは基本的には記載していません。これらの事項について、もっと詳しく知りたい方・訪問してからウンチクを語りたい方は別途ネットで検索を行って、そのスジのリサーチャーのHPなどを参照してください。 

 本Blogを読んだ皆様が「旅の途中でチョイと寄り道して見てみようか」という気が起きたら大成功だと思っています。 

  以上

<編集履歴>

30Jan.2019 公開

18Mar.2020 見直し更新(第5回目、字句修正・表現変更)

 

【特集】丸々一機、展示機を見られる場所

 国内には自衛隊在日米軍機の用廃機が約600機がある。これらは国内約250か所の基地・駐屯地や公園・博物館等で展示されたり、あるいは部隊や教育機関等で訓練機や教材機として使用されている。本Blogではこれらについて様々な切り口でまとめているが、今回は「いつ訪問しても、(パーツでなく)一機丸ごとの展示機を見られる場所」をピックアップしてみよう。「ほぼ丸々一機分ある」という場所もあるが、それは定義の部分で定めることにする。

【本記事で取り上げる展示場所の定義】

1. 対象とする展示機は自衛隊機と在日米軍機とする。民間機や大戦機は含まない。

2. 機体全体がそろった状態で展示されている場所のみとする。このためバラバラになっているF-104Jがある千葉県大慶園は除く。一方で右翼が無い新潟県の星光堂のF-86Fは記事に含むことにする。

3. 「いつでも見られる」という言葉には次の意味合いを含む。

1) 公共の公園等にあり、24時間365日何時でも見られるもの。あるいは開園時間中ならいつでも見られるもの。

2) 博物館、展示館等にあり、入場可能な時間内であればいつでも見られるもの。 

3) 基地・駐屯地等や学校・各種の教育機関や私企業・個人の敷地内にある機体であっても公道わきや一般駐車が可能な駐車場に置いてある場合や、あるいは金網越しであれども遮るものが無く、機体全体が見えており、おおむね200㎜程度未満の標準~中望遠程度のレンズで全景を撮影することができるもの。

 ただし航空自衛隊木更津分屯基地の機体は植樹が邪魔になるので除く。また基地や駐屯地等内部にあり、おおむね200㎜以上のレンズを用いなければ十分に撮影できないような距離にあるもの(超望遠レンズを使用した場合に金網を通して陽炎に歪んだ機影が撮影できるような状態のもの)は除く。

4. 次の機体は除く。

1) 学校や教育施設等にあり、文化祭や所定の見学日には公開されるが、通常時にはアポなしでは見学が困難なもの。

2) 博物館や教育機関等の保有機で一般公開されていないもの。具体的には所沢航空発祥記念館の収蔵庫にある機体、2021年3月に浜松広報館展示から基地内に格納された機体や岐阜かかみがはら航空宇宙博物館のT-1A初号機など。

 

 【まとめ】

 上述した定義に基づいてまとめたところ、該当する展示場所と展示機数は全国に97か所、合計221機であった。

 その内訳は北海道(2か所2機)、東北(9か所30機)、関東(19か所44機)、甲信越(9か所20機)、東海(17か所50機)、北陸(4か所10機)、近畿(4か所10機)、中国(7か所11機)、四国(5か所5機)、九州沖縄(21か所39機)だ。

 これが多いか少ないかは各人の判断によるところだが、「国内約250か所に約600機の軍用機が存在しているが、このうち機体を一機丸々、いつでも見られる場所にあるものは全国で約100か所(展示場所全体の約4割)、約220機(展示機数の約3割7分≒約4割)だ」と覚えておこう。

 ある事象について、客観的な数値で確認・把握しておくのはマネジメントの基本だ。もっとも現時点ではこの数値をもって何をどうマネジメントするのかは何も決まっちゃいないのだが・・・(汗)。自衛隊広報担当者がどこかの自治体をたぶらかす・・・、もとい”営業をかけて”公園に機体を設置させる際に「全国でこれだけありまっせ」というような言いまわしをする際の「参考」にでもなれば幸いです(笑)。

 

<全機展示機を見られる場所>

【北海道】(2か所2機)

(1) 美幌航空公園 T-33A

(2) 中頓別町寿公園 F-104J

コメント:広い北海道でいつでも見られる軍用機はわずかに2機だけ。

f:id:Unikun:20210718213929j:plain

写真1 中頓別町寿公園のF-104J。(2020年8月19日撮影)

 

【東北】(9か所30機)

(1) 海上自衛隊大湊航空基地 HSS-2B、SH-60J

(2) 青森県立三沢航空科学館 屋外に11機

(3) 青森県五所川原市芦野公園 T-2

(4) 青森県弘前市弘前医療福祉大学 UH-1H

(5) 青森県五戸町ひばり野運動公園 T-34A

(6) 青森県七戸町天間林中央公園 HSS-2B

(7) 秋田県三種町惣三郎沼公園 T-33A

(8) 宮城県 JR鹿妻駅前 T-2B.I.

(9) 福島県楢葉町 オールドカーセンタークダン 11機

コメント:東北には三沢航空科学館とオールドカーセンタークダンの展示場があるので、展示機数が多くカウントされるのだな。青森県内の展示機数が多いのは広報担当者の”営業努力”の結果か。

f:id:Unikun:20210718214109j:plain

写真2 青森県五所川原市芦野公園のT-2。(2010年8月19日撮影)

 

【関東】(19か所44機)

(1) 茨城県 小美玉市航空自衛隊百里基地 8機

(2) 茨城県 小美玉市茨城空港 F-4EJ改、RF-4EJ

(3) 茨城県 小美玉市玉里運動公園 T-33A

(4) 茨城県 小美玉市小川海洋センター UH-1H

(5) 茨城県 水戸市内原ヘルスパーク UH-1H

(6) 茨城県 つくば市国土地理院 B-65P

(7) 茨城県 かすみがうら市ケアハウスピソ天神 OH-6D

(8) 群馬県 太田市SUBARU矢島工場 T-1B

(9) 群馬県 桐生市桐生が岡公園 OH-6D、T-6G

(10) 群馬県 榛東村しんとうふるさと公園 UH-1B

(11) 埼玉県 狭山市航空自衛隊入間基地 F-86F, F-104J, C-46D, T-33A, T-34A

(12) 埼玉県 所沢市所沢航空発祥記念館 11機(収蔵機除く、展示機のみ)

(13) 埼玉県 朝霞市陸上自衛隊広報センターりっくんランド AH-1S, UH-1H 

(14) 埼玉県 羽生スカイスポーツ公園 T-3

(15) 埼玉県 行田市埼玉スバルさきたまガーデン T-1B

(16) 千葉県 旭市緑地公園 SNJ-5

(17) 千葉県 鎌ヶ谷市市制記念公園 SNJ-5

(18) 千葉県 松戸市ユーカリ交通公園 S-62J

(19) 東京都 府中市航空自衛隊府中基地 F-1, F-104J

コメント:神奈川県にはいつでも見られる全機展示機が存在しないのだな。

f:id:Unikun:20210719114953j:plain

 写真3 群馬県桐生市桐生が岡公園のT-6G。(2019年8月3日撮影)

 

【甲信越】(9か所20機)

(1) 新潟県 佐渡市金井町総合運動公園 F-104J

(2) 新潟県 佐渡市赤泊臨海運動公園 T-33A

(3) 新潟県 魚沼市星光堂 F-86F

(4) 山梨県 成沢村河口湖自動車博物館 F-86F、F-104DJ、C-46D、T-33A

(5) 山梨県 身延町個人宅 F-104J、T-33A、T-6G、OH-6J(その他は部分展示)

(6) 山梨県 甲斐市日本航空学園 F-86D、T-33A、T-6G(いずれも外周から撮影可)

(7) 山梨県 北杜市白州保育所 T-34A

(8) 長野県 麻績村聖博物館 F-86F、F-86D、F-104J、T-34A

(9) 長野県 長野市少年科学センター OH-6D

f:id:Unikun:20210718214155j:plain

写真4 山梨県北杜市の白州保育所にあるT-34A。(2017年6月3日撮影)

 

【東海】(17か所50機)

(1) 静岡県 焼津市(株)ハセガワ F-104J、T-3

(2) 静岡県 御殿場市富士山樹空の森 UH-1H

(3) 静岡県 御殿場市 陸上自衛隊板妻駐屯地 UH-1H

(4) 静岡県 御殿場市小山町レーシングパレス F-1

(5) 静岡県 静岡市菅野医院分院 F-86F

(6) 静岡県 静岡市永野自動車 T-34A

(7) 静岡県 袋井市静岡理工科大学 LR-1、OH-6D(T-33Aは除外する)

(8) 静岡県 磐田市竜洋袖浦公園 F-86F

(9) 静岡県 浜松市航空自衛隊浜松広報館 16機

(10) 静岡県 浜松市西区喫茶飛行場 T-33A(2024年ごろまでに撤去の可能性あり)

(11) 愛知県 幸田町郷土資料館 F-86F、H-13H

(12) 愛知県 豊山町あいち航空ミュージアム YS-11P

(13) 愛知県 豊山町三菱重工(株)小牧南工場 F-86F、F-104J、T-2、HSS-2B(道路わきから撮影可)

(14) 愛知県 名古屋市南極観測船ふじ S-61A

(15) 岐阜県 各務ヶ原市岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 12機

(16) 岐阜県 高山市飛騨エアーパーク KM-2、HSS-2B

(17) 岐阜県 美濃加茂市ヤマザキマザック(株)工作機械博物館 T-6G

コメント:岐阜県 関市中日本航空専門学校のF-104Jは駐車場にあるようだが、未訪問で現地の状況が不明なため、ここでは対象から外す。東海地方は国内トップクラスの博物館があるほか、各地に展示された機体がある。

f:id:Unikun:20210719120155j:plain

写真5 愛知県幸田町郷土資料館のF-86F。72-7743と描かれているが実際は92-7910だ。(2016年3月12日撮影)

 

【北陸】(4か所10機)

(1) 富山県 小矢部市クロスランドおやべ KV-107II

(2) 石川県 小松市石川県立航空プラザ 7機

(3) 石川県 小松市航空自衛隊小松基地 F-4EJ改(正門前から許可を得て撮影可)

(4) 福井県 永平寺町人希の里公園 OH-6D

コメント:石川県 金沢工業大学のOH-6DおよびT-3は一般立入りのできるエリアなのかどうか不明なため、ここでは対象から外す。

 

【近畿】(4か所10機)

(1) 京都府南丹市 るり渓温泉ゼロ戦研究所 T-6G

(2) 京都府舞鶴市 メイホウゴルフガーデン JRB-4

(3) 兵庫県淡路市ミツ精機株式会社 7機

(4) 兵庫県加古川市鶉野飛行場跡地  SNJ

コメント:奈良県なら工業高等専門学校のT-6Gは公道脇にあるようだが、未訪問で状況ふめいなため、対象から外す。また王寺工業高校のT-1BとOH-6Dは正門後の駐車場のあるエリアにあるようだが、こちらも未訪問で現地の状況が不明なため対象から外す。ミツ精機のコレクションは私設博物館としては国内最高の維持管理レベルだ。一度は訪問して見て欲しいと思う。

f:id:Unikun:20210718214942j:plain

写真6 舞鶴市のメイホウゴルフガーデンにあるJRB-4。ノーズコーンが落ちてしまった。(2020年11月3日撮影)

 

【中国】(7か所11機)

(1) 岡山県岡山市京山ソーラーグリンパーク F-104J

(2) 鳥取県 航空自衛隊美保基地 F-4EJ改(予定)C-1、YS-11

(3) 鳥取県 陸上自衛隊米子駐屯地 KV-107II、OH-6D、UH-1H

(4) 島根県出雲市 目田森林公園 T-33A

(5) 周防大島なぎさパーク PS-1(2021年秋に撤去予定)

(6) 萩市アクティビティパーク KM-2

(7) 有倫館学園大平山講堂 T-34A(GE-Pro画像より見ることができるものと推定)

コメント:岩国基地ゲート奥のF/A-18は撮影不可なのだろうか?情報が無いので外しておく。

 

【四国】(5か所5機)

(1) 徳島県海上自衛隊小松島基地 HSS-2B(SH-60Jもあるが、こちらは外周からの撮影はやや困難。)

(2) 徳島県 松茂町 クリニック釈羅 A-4E

(3) 香川県 綾川町高山航空公園 T-2

(4) 香川県 高松市テンポスバスターズ高松店 UH-1B

(5) 愛媛県 城川町総合運動公園 F-104DJ 

コメント:四国内の展示機は少ないが個性的な機体を見ることができる。互いに離れているので訪問するのは大変だが、早期にコンプリートを目指したい(笑)。

f:id:Unikun:20210718215054j:plain

写真7 高山航空公園のT-2。(2020年4月5日撮影)

  

【九州・沖縄】(21か所39機)

(1) 福岡県 春日市航空自衛隊春日基地 F-1(F-86FとF-104Jは除外)

(2) 福岡県 中間市明願寺幼稚園 T-34A

(3) 福岡県 朝倉市音楽館 KM-2×2機

(4) 福岡県 筑前町太刀洗駅前 T-33A

(5) 福岡県 築前町メタセの杜物産館 F-4EJ改、T-33A

(6) 長崎県 長崎市自衛隊長崎地方協力本部 OH-6J

(7) 長崎県 島原市島原復興アリーナ KV-107II

(8) 長崎県 南島原市漬物の里ふるさと館 SH-60J

(9) 熊本県 熊本市スタンダードワークウェア F-86F

(10) 熊本県 津奈木町総合運動公園 T-33A

(11) 熊本県 湯前町ゆのまえグリーンパレス T-33A

(12) 大分県 中津市八面山平和公園 F-86F

(13) 宮崎県 新富町JR日向新富駅 T-33A

(14) 宮崎県 都城市ホテル2 in 1 T-6G

(15) 鹿児島県 南九州市知覧特攻平和会館 T-3

(16) 鹿児島県 鹿屋市海上自衛隊鹿屋航空基地史料館 14機

(17) 鹿児島県 霧島市丸岡公園 OH-6D

(18) 鹿児島県 霧島市上床公園 T-34A

(19) 鹿児島県 伊佐市大口総合運動公園 T-33A

(20) 鹿児島県 湧水町吉松体育館 OH-6D

(21) 沖縄県 航空自衛隊那覇基地 F-4EJ改、F-104J、T-33A、B-65

コメント:福岡県の全機展示場所が意外に多いことに気づく。

f:id:Unikun:20210719120242j:plain

写真8 中間市の明願寺幼稚園の屋上にあるT-34Aを遠賀川土手から撮影する。(2021年6月23日撮影)

  

以上

編集履歴

19Jul.2021 公開

20Jul.2021 見直し更新(第1回目、写真コメント追加など)