用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

Japan_国内の話題

【短報】徳之島のT-33A撤去(確定)

鹿児島県徳之島の天城町総合運動場(B&G海洋センター前、27.8385N, 128.8845E)に置かれていたT-33A (81-5350) は2020年度に入って直ぐに撤去されました。 なおGE-Pro画像に2001年7月から2017年12月22日取得画像には存在していますが2020年11月22日取得画像…

【短報】蜂ケ峯総合公園のB-65撤去

山口県和木町蜂ヶ峯総合公園に展示されていたB-65(6715)が撤去されました。 PE-Pro画像より2019年5月8日には存在するも2020年6月23日には撤去済となっています。 蜂ケ峯総合公園では昨年度にB-65展示場所付近のリニューアル工事を行い、今春よりそのエリアを…

【航空自衛隊】航空救難団のMU-2は何型?(書きかけ)

<はじめに> 航空自衛隊で捜索救難機として使われてきた国産ターボプロップ双発機のMU-2。 これまで「MU-2S」だと思っていたのだが、近年「MU-2A」という表記を目にすることが多くなった。「MU-2A」と言ったら三菱重工が最初に開発したタイプで、確か2機く…

浜松広報館 搬出された機体のその後

【追記(2021年4月7日)】 浜松広報館から搬出した機体の多くが旧ハーモエリアに置かれていましたが、2021年4月5日付Twitterに旧ハーモエリアに置かれていた機体が無くなった(基地内展示の翼端タンクを外したT-33Aのみが残る)という投稿がありましたので、…

【短報】F-4EJ 初号機展示しませんか?

Jwings編集部からのTweetによると、なんと!先日引退したF-4EJ初号機は未だ引き取り手が無いのだそうです!どこかで展示していただけないでしょうかね・・・? https://twitter.com/ikarosjwings/status/1372859431193485314?s=20 【展示にかかる費用】 (1) 機…

【短報】日本航空大学校 能登空港キャンパスのL-19E

石川県の能登空港脇にある学校法人日本航空学園 日本航空大学校 能登空港キャンパスにて、返却廃棄されたとものと思われた2機のL-19Eの存在が確認されましたのでお知らせいたします。 <以下は別稿「陸上自衛隊L-19の展示機」より抜粋> 学校法人日本航空学…

【短報】S-58(JA7201)をザ・ヒロサワ・シティに搬送

永らく国立科学博物館の倉庫に眠っていた海上保安庁のS-58ヘリコプターJA7201が2021年3月3日未明に茨城県のザ・ヒロサワ・シティに搬送されました。 ザ・ヒロサワ・シティには既に元航空局のYS-11が搬入されています。 今後は昨秋まで科学博物館に展示されて…

【短報】F-104J 538号機の機首部分移転

かつて航空自衛隊新田原基地の航空参考館に置かれていたF-104J(36-8538号機)の機首部分と出所不明のT-33A(91-5406号機)の垂直尾翼は延岡市の生産用機械器具製造業ミツワハガネ(株)さんの工場内に移転されたようだ。 以下のサイトにその写真が掲載され…

AH-1S他の解体と売り払い

陸上自衛隊関東補給処のHP、調達会計部のサイトから「入札公告はこちら」のボタンを押すと、「入札公告の概要」のページが現れる。 https://www.mod.go.jp/gsdf/eae/eadep/tyokai/honsyo/koukoku02.html ここでは次の公告でAH-1S、CH-47J、LR-1の解体と売払…

AH-1Sの夜間陸送

2021年の恐らくは1月10日の夜から13日の夜にかけて、用廃となったと思われるAH-1Sが明野駐屯地から、関東地方にトラックで夜間に運ばれたようです。 h&k on Twitter: "コブラ!?!?… " 関連する話をTwitter上で追っていくと、機体番号は明野基地に配備されてい…

用廃機2020/2021

新年企画として用廃機について2020年に確認された事案と2021年予定・予想などをまとめてみよう。アレはどうした?コレはこうなったヨ、などという情報がございましたらコメントを書くか、Twitterでつぶやいていただければ幸いです(#用廃機をつけてね!)。…

【航空自衛隊】 S-62は何型?

航空自衛隊で1963-1983年の間に使用された救難ヘリコプターS-62。コイツの形式はA型かJ型か?というのが今回のお題です。 まずは話の発端となった今月号(2021年1月号No.817)の航空ファン誌を見てみましょう。「航空救難団 新田原救難隊」の記事p.14左上4行…

どうなる? OH-1の将来 

「お~い、こっちに来いよ~!」と三途の川の向こうで手を振るデュラハン。 2016年ごろに放映されたアニメ「この素晴らしき世界に祝福を!」の第二期8話だったか、9話だったかのシーンを思い浮かべながら書いている。招かれているのは美人で巨乳のリッチー、…

C-1の用廃機発生の予想

【運用計画表の作成】 マニアな方は表計算ソフトを使って「何号機」が「今、どこの基地所属」で「過去にはどこの基地に所属していた」というような情報を集めた一覧表を作られている人が多いのではないだろうか。そして雑誌や画像投稿情報を見ては自分の情報…

C-1の解体

2020年9月初旬の時点で入間基地の調達情報を見ると、2機分のC-1の解体に関する入札が近日中に行われる旨が公開されています。正式には「用途廃止航空機の解体及び売払いの部外委託」というようですね。詳細は次のリンク先の文書を読んでくださいナ。 https:/…

【備忘録】2機目のNP2000装着E-2C

【追記その2 2021年4月7日】 防衛装備庁の契約情報を眺めていたら、2021年(令和3年)1月26日付で一機のE-2CのプロペラをNP2000に改装する契約が川崎重工との間で締結されていました。3機目ですね。契約金額は184,503,000円也。2020年度にはE-2CのIRAN契約…

自衛隊の救難ヘリ

自衛隊の航空救難体制は航空自衛隊に統合するものと思っていましたが、硫黄島分遣隊の3機だけは海上自衛隊が維持するようですね。添付の予算執行調査結果(総括調査票)の2/3ページ最下段参照願います。 https://www.mof.go.jp/budget/topics/budget_executi…

シートに包まれた岐阜のE-2C

航空ファン誌2020年8月号(No.812)p.109下段に岐阜基地外周から撮影されたシートに包まれたE-2Cの写真が掲載されています(注:本稿公開時には「コクーン(樹脂製被膜)に包まれた」と表現していましたが、改めて写真を見るとシートですね。よって表現を変更…

おかしいぞ?防衛白書のファントム保有機数

毎年7月ごろに発行される防衛白書。 この資料編には主要航空機の保有数・性能諸元が掲載されているのはご存じだろうか?原則として発行年の3月31日現在の「国有財産台帳」記載の数値が記載されているのだけれど、ファントムに関してはこの数値がおかしいのだ…

【検証】ブルーインパルス東京上空飛行の経費

<はじめに> 2020年5月29日に行われた東京上空でのブルーインパルスのフライトにかかる費用は約360万円だったそうな。その内容を確認してみたので記しておこう。確認した内容は「東京上空フライトにかかる燃料代」、「松島基地ー入間基地往復にかかる燃料代…

国内の主要な航空機展示施設

日本国内の「主要な航空機展示場所」をまとめてみよう。 <定義・条件など> 1.まず何をもって「主要な」とするかという「定義」だが、本Blogでは「展示機数が実機で5機以上ある、一般人がたやすく見学可能な施設」ということにしておく。簡単に言えば「休…