用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【まとめ】用廃機2020

 2021年の新年企画として用廃機について2020年に確認された事案と2021年予定・予想などを「用廃機2020/2021」としてまとめてみたが、やはり年ごとにまとめた方がのちのち参照しやすいように思う。そこで先の記事を西暦年ごとに区切った記事に作りかえてみた。

 アレはどうした?コレはこうなったヨ、などという情報がございましたらコメントを書くか、Twitterでつぶやいていただければ幸いです(#用廃機をつけてね!)。

 なお各基地で通常の運用を終えて廃棄される航空機の解体処分公告については特記すべき事項(初の〇×!とか最後の○○!とか)が無い限りはフォローしていません。具体的には入間基地のYS-11やC-1、百里基地のF-4、海上自衛隊各基地のP-3、SH-60J/UH-60J、T-5、陸上自衛隊AH-1S、UH-1J、CH-47JなどはTwitterなどで話題とならない限りは敢えて取り上げることはしません。気になる方は都度、基地の調達情報をご確認ください。

 

【2020年まとめ】

1月18~22日 空自岐阜基地にてF-4EJ 87-8409常設展示機設置作業

3月9日 空自第501飛行隊RF-4E/EJ最後の飛行訓練。3月23日に隊旗返還式が行われ、3月26日付で第501飛行隊は廃止された。2021年9月末時点で百里基地雄飛園および茨城空港以外に"正規の展示機”となったRF-4E/EJは存在しない。

3月26日 陸自OH-6D 全機退役。最後の機体は31311号機。立川駐屯地の東部方面ヘリコプター隊本部付隊所属だったが、2019年4月16日に管理替えとなる前の22年間は防府駐屯地の第13飛行隊に所属しており、機体の「XIII」はそのままとなっていた。

3月24日 空自ブルーインパルス T-4(66-5745)が広報館での展示のために浜松へと最終飛行実施。(広報館搬入は2021年3月9日、一般公開は13日から)

4月 東京のJR中央線立川駅北側にオープンした商業施設GREEN SPRINGSにて立飛R-HM(JA3094)の常設展示開始。

4月ごろ 鹿児島県徳之島天城総合運動公園(B&G海洋センター前)のT-33A (81-5350)撤去。(2020年度に入って直ぐとのこと)

4月21日 空自F-4EJ改87-8404、展示のために小松基地へ最終飛行(10月7日に設置完了・展示開始)。

6月以前 山口県和木町蜂ケ峯公園のB-65(6715)撤去。

6月2日 鹿児島県観音滝公園のT-33A(71-5253)は現地で解体、撤去。

6月12日 空自三沢基地のF-1展示機、お化粧直し終了(6月12日付で公式Twitterにて報告あり)

6月25日 空自F-4EJ改87-8415、築城基地へ最終飛行。(2021年6月にメタセの杜に展示)

6月末ごろ 空自千歳基地のF-104J(76-8689)解体撤去、コクピット部分は広報館に設置(11月9日公式Tweet

7月ごろ 空自新田原基地のF-86FとF-86Dを展示場から撤去(公式発信は確認できず)

7月30日 空自美保基地のF-1の再塗装終了、お披露目記念撮影実施

(基地新聞だいせん2020年8月31号より)

9月8日 空自F-4EJ改17-8439、美保基地へ最終飛行。2021年9月26日時点で格納庫保管中。

9月28日 美保基地公式Twitterで再塗装を終えたC-1展示機の様子を公開。近日中に再展示とのこと。(2019年8月6日公式TwitterにてもうじきDOCで再整備との発信があった事案)

10月14日 美保基地C-1展示機の再塗装完了(基地新聞だいせん2020年12月22日号より)

10月度 陸自のOH-1 10月度に試験体の契約あり、試験継続確定(用廃ならず!ということで本Blog的には残念・・・)

10月7日 空自F-4EJ改87-8404、小松基地正門奥に展示(フェリーは4月21日)。

11月8日 三沢航空科学館の一式双発高等練習機の展示終了。機体は立川ホールディングスに譲渡。

11月8日 三沢航空科学館のゼロ戦21型レプリカ(映画「山本五十六」使用機)展示終了。茨城県笠間市筑波海軍航空隊記念館に譲渡。

11月ごろ  羽田空港内に保管されていた元航空局のYS-11量産初号機(JA8610)は茨城県のザ・ヒロサワ・シティへ(2022年1月公開予定)。

12月1日 空自F-4EJ改17-8440、浜松基地へ最終飛行。(2021年3月より広報館で展示)

12月10日 空自第301飛行隊のF-4EJ改最終飛行訓練を実施。飛行したのは07-8436のみ。14日には百里基地にて第301飛行隊の移動に伴う部隊改編行事を実施。翌15日には三沢基地で第301飛行隊新編記念式典が行われた。

12月 三菱重工(株)保有ゼロ戦と秋水を展示する大江時計台航空史料室の一般公開開始(1月31日より事前予約制)。

12月末ごろまで 陸自北宇都宮駐屯地航空公園に展示されていたTH-55JとUH-1B撤去(GoogleEarthのStreetviewの撮影日に基づく日付。なお公式には2021年3月ごろ撤去とされる。恐らくは「撤去作業の役務」の終了日(廃棄物管理票に記された最終処分日)のことであろう)。また12月末までに教育訓練用のOH-6Dは全て撤去されたようだ。

f:id:Unikun:20210926171855j:plain

写真1 三沢基地のF-1は2020年6月に塗り直された。(2019年9月8日撮影)

 

【引続き情報募集中!】

以下の事案について、何らかの情報がありましたら、お聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

1. 岩国基地公開時に見かけたT-33Aの601号機。なぜ、ここに?ヒコーキ雲さん、Go!Navyさんにて情報を募るも未だ回答が得られていない、国内航空史上の謎。

【指名手配】岩国基地に転がる謎のT-33A - 用廃機ハンターが行く!

 

2.従来S-62Jと言われてきたこの機体は何型?記事にはしていないけれど救難団で使用されていたMU-2Sの中にはMU-2Aと呼ばれる機体があったことも判明している。一体どのような形式管理を行っていたのだろうか?

【航空自衛隊】 S-62は何型? - 用廃機ハンターが行く!

 

3.1990年代ごろに千葉県八千代市の商業施設にて複葉機ピッツが展示されていたことがあった。この機体番号は?どこから持ってきて、どこにいっちゃったの??ヒコーキ雲さんにて情報募集中ですが、こちらにはそのうち記事を書こうと思っていて1年近く忘れていた(失礼!)案件。

 

以上

編集履歴

11Jan.2021 「用廃機2020/2021」として公開

26Sep.2021 見直し更新(第14回目、「用廃機2020」として独立分離)

28Sep.2021 見直し更新(第15回目、F-86D 185号機の情報募集解決のため削除)

13Oct.2021 見直し更新(第17回目、いくつか記述を見直し)