用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【東京都】GREEN SPRINGS(JR立川駅近く)のR-HM

<場所 Place>〒190-0014 東京都立川市緑町3−1 Green Springs内Take off site

https://takeoff-site.jp/

<座標 Location>  35.7036N, 139.4122E

<機体 Aircraft>  立飛R-HM (JA3094)

<訪問日Visit>   21Jun.2020 and 11Jul.2021 

f:id:Unikun:20200622162721j:plain

写真1 Take off siteに展示されたR-HM機。ドアは完全に閉まらず、自重で開いている。操縦席には自由に入れるぞ。(2020年6月21日撮影)

 

<行き方 Access> 

(1) JR立川駅あるいは多摩都市モノレール立川駅から徒歩5分。モノレール沿いのショッピングモールの一角

<解説General> 

(1) 東京・立川にて2020年4月にオープンした"GREEN SPRINGS"というショッピングモールの一角、”Take off site”という名称のコーナーにてR-HM(JA3094)が展示されている。営業時間:1000-1700。撮影は自由だが店舗の脇なので一言断ってから撮影しよう。

(2) 本機は補助翼と昇降舵が無く、前翼の取付角度の変更と方向舵によって操縦を行う特異な機体で、2014年に修復されてからこれまでに3~4回ほど一般公開されている。

(3) オープンから2ヶ月ほどが過ぎた2020年6月21日、日曜日の12時ごろに現地を訪問してみたところ、お子様連連れが次々にやってくるので、人を入れずに写真を撮るにはしばらく機会をうかがわなくてはならない。やはり開館直後にやってくるべきだったと反省。それでも1時間ほどの間に数回の撮影チャンスがあり、なんとか思い通りの写真を撮ることができた。 

(4) お子様の破壊力をナメてはいけない。ヨークをガチャガチャガチャ・・・!翼のバタバタバタ・・・!そして自重で開いて垂れ下がる扉にぶら下がるっ!

「き、貴重な機体が壊されるっ!!」

 案内担当者もなく自由に操縦席を子供たちにも公開している以上、子供たちを責めるつもりはないが、早晩壊されて廃棄されるような気がしてならない。所有権者や復元に携わった方々はこの状況を理解しているのだろうか。2021年7月時点ではコロナ感染予防対策として操縦席への立入りは禁止となっているが、このまま立ち入り禁止を続けて本機を末永く持たせて欲しいと思う。

(5) 2021年7月11日15時ごろに再訪したところ、コロナ感染予防対策のため、操縦席は閉鎖され、機中に入ることは出来なくなっていた。また計器盤前に透明なアクリル板が設置され、計器に直接触れることが出来なくなっていた。機内に入ることができれば前述の「ヨーク、ガチャガチャ!」が可能だ。このまま、係員がいないときには機内公開しないという形にして欲しいと思う。(もちろん見学時には乱暴な扱いは禁止とし、係員が注意するというやり方だ。)

f:id:Unikun:20210712125547j:plain

写真2 オープンしてから1年3か月後に再訪した際の様子。コロナ対策のため操縦席への立入りは中止となっている。(2021年7月11日撮影)

 

f:id:Unikun:20200622162856j:plain

写真3 右側面をフルサイズ24mm相当にて。これより下がることができない。   (2020年6月21日撮影)

 

f:id:Unikun:20210712125847j:plain

写真4 オープンしてから1年3か月後の様子。写真3の立ち位置には商品が並んでおり、占位はできなくなっていた。(2021年7月11日撮影) 

 

f:id:Unikun:20200526221511j:plain

写真5 かつて立川駐屯地防災航空祭で展示された時の様子。(2016年10月1日撮影)

 

以上

編集履歴

26May.2020 公開

12Juk.2021 見直し更新(第2回目、現地再訪し、内容を更新)