用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【鹿児島県】陸自 国分駐屯地の展示機

<編集履歴> 18Mar.2022公開、20Apr.2022見直し更新(第1回目、現地訪問し、廃車両置き場の様子確認、写真差替え)

<場所 Place> 霧島市国分福島2-4-14 陸上自衛隊国分駐屯地

陸上自衛隊:国分駐屯地

<訪問日Visit> 22Apr.2022(外周を眺めたのみ)

<座標 Location>  31.7241N, 130.7541E

<行き方 Access> 

(1) JR日豊本線国分駅より道なりに約3.1km、徒歩約40分。

<解説General> 

(1) 駐屯地の一角に3機のヘリコプターが展示されている。その様子は外周道路からやや離れているが駐車場・植樹越しに見ることができる。Google mapのStreetViewを参照のこと。

【展示機 Aircrafts】

(1) KV-107II-4 (51711) 2006年10月29日の公開日には存在していた。前方のメインロータ3枚のうち2枚は2014年11月19日取得のGE-Pro画像にて、すでに外されていることが確認できる。

(2) UH-1H (41652) 2006年10月29日の公開日には存在していた。

写真1 駐屯地外周から撮影したUH-1HとKV-107II-4。フェンスの内側手前が駐車場なので、通常は車両が邪魔で機体が見えない。(2022年4月20日撮影)

 

(3) OH-6D (31246) 2015年10月30日の開設60周年記念行事の際には存在していた。GE-Proでは2015年12月19日取得画像から確認できる。先代OH-6Jに代わって展示された機体だ。Tailboomは31224号機のものだ。2020年10月以降の写真やGE-Pro画像では5枚のメインローターうち尾部を向いた1枚を除く4枚は外されている。

写真2 駐屯地外周から撮影したOH-6D。訪問時には運良く駐車中の車両の隙間から機体を見ることができた。日頃の行いが悪いと手前に駐車車両があり、写真1のようになる。もう少し日頃の行いを改めた方が良さそうだ>自分。(2022年4月20日撮影)

 

【展示後廃棄】

(1) OH-6J (31062)  2006年10月29日の公開日には存在していた。GE-Proの2014年11月19日取得画像まで確認できるが、2015年10月30日の創立記念行事前にOH-6Dと置換・撤去された。2022年4月20日時点では廃棄車両置場に放置されていた。

 

【その他】

 上述の廃棄されたOH-6J(31062)のある廃棄車両置場(31.7243N, 130.7495E)を2022年4月20日に外周から眺めたところ、元第一工科大学教材機のH-13H(30124)、同じく元第一工科大学教材機のOH-6J(31096)および元丸岡公園展示機のOH-6D(31211)が放置されていた。

以上