用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【台中】CCK(清泉崗)基地周辺ガイド

 台中のCCK(清泉崗)基地は台湾最大の空軍基地であり、台湾の航空機メーカー漢翔(AIDC)の工場や台中空港がその一角にある。周辺3ヶ所にある展示機の情報とスポッティングガイドおよびエアショーガイドをまとめて紹介しよう。 

 

1. 周辺の展示機

1-1. ゲートガードのTF-104G

<座標 Location> 24.2414N, 120.6307E

<機体 Aircraft>    TF-104G   S/N:   4147 / 61-12236 

 <訪問日Visit>   14Aug.2009

<行き方 Access>

(1) 台中の駅前から1ブロック離れた緑川站よりバスで50分程度。バスNo.6, 9, 123, 128, 237, 238, 239, 500。「六張犁」で下車し、バス進行方向に約160m進む。   

<解説General> 

(1) CCK基地正門前に飾られたTF-104Gのモニュメント。「軍事基地は撮影禁止」と言いながらも、ここは半ば観光名所化しており日中であれば土日でもまず問題なく撮影できる。

f:id:Unikun:20191118093315j:plain

写真1  CCK基地正門前にあるTF-104Gモニュメント。(2009年8月14日11時40分ごろ撮影) 

   

1-2. 潭雅神緑園道 - 神岡和平場站のF-5E

<座標 Location> 24.2565N, 120.6469E

<機体 Aircraft>  F-5E   S/N:   

 <訪問日Visit>  未訪問 

<行き方 Access>

次の3ルートがある;

1) CCK基地正門より基地脇を走る和平新路(途中から和平路になる)を基地に沿って北東に約2.5km進む。

2) No.989のバスで圳前仁愛公園下車。和平路を南西に約250m進む。

3) No.237あるいはNo.238のバスで山皮下車。バス進行方向に約100m進むと圳前仁愛公園。和平路を南西に約250m進む。    

<解説General> 

(1) 和平路・和平新路はサイクリングロードとなっているようで、機体があるのは神岡和平場站という名称の休憩所(小公園)。

(2)付近を通過するバスはあるものの便数は少ないので事前によく時間を確認しておくこと。

 

 1-3. 漢翔園のF-5E Tiger2000  

<座標 Location> 24.2457N, 120.6052E

<機体 Aircraft>    F-5E2000   S/N:   5308 / 810015

 <訪問日Visit>       14 Aug.2009

<行き方 Access> 

(1) 台中からバスで約1時間。バスNo.9, 69, 123, 128, 237, 239。楽群二村で下車し、漢翔正門前を南に向かう忠貞路を150m進む。

(2) CCK正門前からは約2.8km、徒歩約35分だ。

<解説General> 

(1) 漢翔の研修施設の一角にF-5E Tiger2000が展示されている。ゲートを入ってすぐ内側にあるので、適当な中国語(繁体)の筆談で日本人であることと航空機撮影をしたい旨を告げると入れてもらえる。土日でも入構できる。F-5Eの搭載機器をアップグレードした試作改修機である本機(本プロジェクト)の正式名称は"Tiger 2000"だが、垂直尾翼には"Tiger 2001"と記載されている。

(2) かつては奥のグラウンド前にXA-3(0902 / 71-7002)が展示されていたが、現在は撤去・移設されたため存在しない。

f:id:Unikun:20191118093627j:plain

写真2  F-5E Tiger2000。(2009年8月14日12時30分ごろ撮影) 

 

f:id:Unikun:20191118094039j:plain

写真3  かつて展示されていたAT-3の試作単座攻撃機XA-3「雷鳴」。現在は撤去されて存在しない。(2009年8月14日13時ごろ撮影) 

 

2. スポッティングガイド

2-1. 滑走路北端付近

(1) ゴルフ場近くより撮影可能。

(2) 交通アクセスはあまり良くない。レンタカーあるいはレンタバイクがあると良い。 

 

2-2. 滑走路南端付近

(1) 中清路五段と信義路の交差点付近で撮影可能。

(2) CCK基地正門より徒歩10-15分程度。 

 

3. エアショーガイド 

<行き方 Access>

(1) 開催時期は国防部の発表による。

(2) 入場門は上述のTF-104Gのある正門(24.2414N, 120.6307E)。

(3) 行き方は台中緑川站よりバスで50分程度。バスNo.6, 9, 123, 128, 237, 238, 239, 500。「六張犁」で下車し、バス進行方向に約160m進む。早く行きたい方はタクシーを利用する。

(4) 正門前から展示場となるエプロンまでは約2.5kmあり、基地公開時にはシャトルバスが運行されるが長蛇の列となる。またシャトルバスを使うと途中にある用廃展示機の写真を撮ることができないので状況に応じて徒歩と使い分けよう。

(5) 会場からの離着陸は非常に遠い。F-CK-1が600mmでも半分程度だ。

(6) 位置関係を見れば判るが、会場から滑走路方向は午後には完全逆光となる。

(7) 会場に出入りする機体のタキシングは会場配置によって異なる経路を辿るので、訪問時に確認しよう。 

 以上

<編集履歴

16Nov.2019 公開

27Apr.2020 見直し更新(第2回目、体裁修正)