用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

2021-02-09から1日間の記事一覧

【台湾】台湾空軍 PL-1Bの展示機

台湾空軍で初等練習機として使用されたパズマニーPL-1A(5801のみ)およびB(5802以降)には介壽號という名称が与えられている。三軍陳展装備列表(民国108年版・2019年版)にはPL-1と介壽號の二つの名称で合計3機が記載されている。何らかの区別を行ってい…

【台湾】台湾空軍 T-33Aの展示機

航空自衛隊でも使用していた有名なジェット練習機T-33A。台湾空軍でも練習機として使用していたが1977年6月16日にはCCK基地に3個夜間攻撃分隊と1個電子戦隊からなる第35作戦中隊を設立し、三色迷彩を施して運用していた。機首の四桁番号は「30**」と「33*…

【台湾】台湾空軍 F-86Fの展示機

台湾空軍には(アメリカから)1955年以降に320機のF-86Fと7機のRF-86Fが供与され1973年まで使用された。F-86FはF-86F-1からF-86F-40まで各種が供与されたそうだ。 写真1 桃園国際空港敷地内の航空科学館(閉鎖・解体済)に展示されていたF-86F。博物館閉鎖後…

【台湾】台湾空軍 F-5シリーズの展示機

<編集履歴> 09Feb.2021公開、05Mar.2022見直し更新(第6回目、見直し実施) 台湾のF-5系列に関する説明はコチラへ(開き直りの他力本願モード)。 F-5戰鬥機 - Wikiwand ROCAF Northrop F-5E/F 現在、台湾内に残る機体はF-5Aが8機、B型が7機、E型が49機、F型…

【台湾】台湾空軍 F-104シリーズの展示機

<編集履歴> 09Feb.2021公開、12Feb.2022見直し更新(第3回目、F-104A情報見直し) 台湾空軍では1960年5月26日のF-104受領式典から1998年5月22日の退役式典まで39年間に渡り、西ドイツ(当時の名称、アメリカLuke空軍基地で教育用に運用していた機体を含む)…

【台湾】台湾空軍 F-100A/Fの展示機

台湾空軍ではアメリカからの供与を受け、1958年から1984年9月5日に第4中隊の機体が退役するまで単座型のF-100Aを合計119機(0101~0180、0201~0235および0301~0304)、複座型のF-100Fを14機(0001~0014)、そして偵察機RF-100Aを4機(5645~5648)を使用…

【台湾】台湾空軍 C-119Gの展示機

台湾空軍では1997年12月19日まで特異な形態のファチャイルドC-119輸送機「老母雞」を使用していた。中にはL型からG型への改修機やL型のままの機体もあったようだが、現時点では調べがつかないので、以下のリストでは全て「G型」として記載してある。あしから…