用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

航空自衛隊 F-104J/DJ 公園や民間施設の展示機

<編集来歴> **Aug.2018 Mixiに公開、12Feb.2019はてなblogに公開、08Apr.2024見直し更新(第20回目、西予市のF-104DJ撤去)

 

 自衛隊基地以外の場所、すなわち公園や民間施設等(個人所有を含む)に展示されているF-104J/DJは機体のほぼ全てがそろっている全機展示が17機、機首や胴体部分等でS/Nが判明できるものが6機分、合計23機分が現存している。

 このうち複座型のF-104DJは3機分が存在するが、まともなものは山梨県河口湖自動車博物館の26-5007のみ。福島県のOld Car Center Kudanにも2機が存在しているが、このうち26-5001は入間基地展示後にスクラップとなったものを引取って再生した機体であり、つぎはぎが目立つ(ただし、よく再生されている)。もう一機(26-5005)はバラバラのままだ。

 展示後に廃棄されたものは12機を確認している。

 最後に1997年ごろに喫茶飛行場にあった”506号機”は実は36-8536号機の機首であったことが2021年6月18日に判明した。

【まとめ一覧】

エリア/J型全機展示/J型部分展示/DJ型全機展示/DJ型部分展示/総展示機数

北海道                    1/0/0/0/1

東北                        2/0/1/1/4

関東甲信越             5/2/1/0/8

東海中部北陸         5/2/0/0/7

関西        0/0/0/0/0

中国        1/0/0/0/1

四国                        0/0/0/0/0

九州沖縄                 1/1/0/0/2

全国まとめ:J型全機展示15機、J型部分展示5機分、DJ型全機展示2機、DJ型部分展示1機分、総展示機数23機分


【公園、民間施設などにある展示機リスト】
<北海道:1か所1機>
(1) 46-8568 北海道中頓別町 寿公園、無償貸付機 

写真1 寿公園のF-104J(46-8568)。北海道内のF-104展示機は本機と千歳基地展示機の2機だけだ。(2022年6月9日撮影)

 

<東北:2か所4機>
(1) 76-8699 青森県立三沢航空科学館、無償貸付機

(2) 76-8705 岐阜基地展示機を廃棄後、福島県Old Car Center Kudanで再生展示

(3) 26-5001(DJ) 入間基地展示機を廃棄後、福島県Old Car Center Kudanで再生展示

(4) 26-5005(DJ) 岐阜基地展示機を廃棄後、福島県Old Car Center Kudanへ(バラバラのままで放置中)

f:id:Unikun:20190901195659j:plain

写真2 オールドカーセンタークダンにあるF-104DJ 26-5001。除染作業により塗装が落ちたという。(2019年8月24日撮影)

 

<関東・甲信越:7か所8機>
(1) 46-8578 東京都IHI瑞穂工場、無償貸付機、撮影不可

(2) 46-8571 千葉県市川市大慶園、ノーズと胴体の一部のみ

(3) 76-8697 千葉県市川市大慶園、ノーズと胴体の一部のみ

(4) 26-5007(DJ) 山梨県 河口湖自動車博物館、無償貸付機

(5) 46-8560 山梨県 日本航空学園山梨キャンパス、無償貸付機

(6) 46-8594 山梨県 喫茶AVION展示を経て南巨摩郡身延町の個人宅に展示

(7) 46-8608 長野県 聖博物館、無償貸付機

(8) 46-8573 新潟県 金井町総合運動公園、無償貸付機

f:id:Unikun:20190725001754j:plain

写真3 大慶園にあるF-104Jの胴体と水平尾翼。これを「展示」と呼ぶのは少々苦しいのだが・・・。(2019年4月7日撮影)

 

<東海・中部・北陸:6か所7機>
(1) 76-8706 静岡県 (株)ハセガワ(34.8774N, 138.3111E)、かつて日本ランドに展示されていた機体、無償貸付機 

(2) 36-8536 愛知県 瀬戸市個人宅(機首部のみ)2020年6月15日に静岡県喫茶飛行場に展示されていた機首部分を移転した。なお本機は1997年ごろには事情により機首番号を”506号機”と記載していた。その当時に撮影された写真がヒコーキ雲さんのHP内、「喫茶飛行場」の紹介ページに掲載されている。

(3) 36-5011(DJ)   愛知県 瀬戸市 個人宅に機首部分のみを展示。かつて三井グリーンパーク等で展示されたのち、前部胴体を神奈川県の喫茶AVIONに展示。喫茶店閉店後に移転したもの

(4) 56-8672 愛知県 三菱重工(株) 小牧南工場(名古屋空港脇)、無償貸付機

(5) 76-8710 岐阜県 中日本航空専門学校、無償貸付機

(6) 36-8515 岐阜県 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館、無償貸付機

(7) 46-8539 石川県 石川県立航空プラザ、無償貸付機

※ 浜松の喫茶飛行場にあった46-8604(元浜松基地展示機)は2021年4月28日に九州の新たな所有者の元へと搬出された。46-8617(36-8517と記載)は2016年3月12日以前に新たな所有者の元へと搬出されている。アイキャッチャー(商業施設の客引き)ではない個人所有物のため、展示場所に関する一般公開可能な情報が得られるまでは本Blogでの取り扱い対象外とする。

f:id:Unikun:20190823070157j:plain

写真4 身延町個人宅の屋上にある機体。かつては横浜の喫茶店AVIONにあったもの。(2019年8月20日撮影)

 

<関西:該当なし> 

<中国:1か所1機>

(1) 76-8687 岡山県岡山市 京山ソーラーグリーンパーク、無償貸付機

f:id:Unikun:20190403223149j:plain

写真5 京山ソーラーパークの機体は関西エリア以西の本州では唯一の展示機だ。(2018年07月16日撮影)

 

<四国:該当なし>  

 

<九州・沖縄:2か所2機>

(1) 36-8538 宮崎県 延岡市 ミツワハガネ(株)工場、元新田原基地航空参考館にあった機首部を2015-2020年ごろに移転
(2) 46-8567 大分県 日本文理大学、無償貸付機

 

【展示後廃棄】 (確認できたもののみ)
(1) 36-8510 北海道中富良野町富良野森林公園に展示後、2010年7月28日解体、撤去 

(2) 36-8552 北海道 秩父別町ファミリースポーツ公園展示後、撤去

(3) 36-8530 青森県 車力農民研修センター展示後、撤去 

(4) 36-8549 埼玉県 サングリーンパーク展示後、撤去

(5) 46-8654 宮崎サボテン公園を経て前部胴体が神奈川県の喫茶AVIONに展示されていたが、2002年頃に販売された模様

(6) 36-8523   南知多ビーチランド展示後、撤去

(7) 56-8670   岐阜県グリーンランド展示後、撤去

(8) 46-8607 福井県 福井工業大学、2017年2月28日~8月28日の間に撤去(GE-Pro画像より)

(9) 46-5008 (DJ) 愛媛県 西予市城川町総合運動公園展示後、2024年2月度に撤去

(10) 36-5014 (DJ) 熊本 崇城大学展示後、撤去

(11) 46-8631 鹿児島県 第一工科大学 撤去済と判断(撤去時期不明)

(12) 46-8553 払下げ後、沖縄県 金城よろず屋 →その後不明

(13) 46-8572   払下げ後、沖縄県 金城よろず屋 →販売後不明

f:id:Unikun:20190323103257j:plain

写真6 かつて福井工業大学にあったF-104J。(2008年1月4日撮影)

以上