用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

2021-02-19から1日間の記事一覧

【台湾】中国からの亡命機の展示

<編集履歴> 19Feb.2021公開、19Feb.2022 見直し更新(第5回目、写真追加) 1960年1月1日以降、中国から台湾へ「軍用機」で直接あるいは間接的に亡命を試みた事案は13件が確認されている。このうち1960年1月12日の事案では台湾東北部の宜蘭までMiG-15で飛来し…

【台湾】その他の台湾空軍および陸軍の展示機

これまでに紹介した機体以外に台湾全土で3機以下しか現存しない機体をまとめて紹介しよう。機体についてウンチクを書くと長くなった挙句に展示は1~3機のみということになるのでやめておく。 ・・・面倒だし(本音)。 なお亡命機については別稿で記します。 ま…

【台湾】AT-3「自強」号とXA-3「雷鳴」号の展示機

台湾が独自開発した双発ジェット練習機「自強」号は1980年9月16日に初飛行を行い、1989年までに63機が製造された現在も使用中の機体だ(参考までに川崎T-4の初飛行は5年後の1985年7月29日)。初期の機体は用廃が進んでいると思いきや、展示機はわずかに2機の…

【台湾】F-CK-1(IDF、経国号)の展示機

台湾が”自力”で開発した戦闘機F-CK-1は蒋経国の名前を貰い「経国(Ching kuo)」号というが、IDF(Indigenous Defense Fighter、国産防衛戦闘機、台湾語で自製防御機)という名前も定着している。なお形式名称は「Fighter-ChingKuo-自国製造1番機」の略とな…