用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【埼玉県】空自 熊谷基地の展示機

<場所 Place>    〒360-8580 埼玉県熊谷市拾六間839 航空自衛隊熊谷基地

航空自衛隊熊谷基地

<座標 Location>  36.1687N, 139.3113E 

<訪問日Visit>  14Apr.2019ほか

<行き方 Access> JR高崎線籠原駅南口より道なりに基地正門まで約1.8kmを歩く。展示機はさらに約200m先だ。

<解説General>

(1) 航空自衛隊入隊者の初期教育を行う基地で滑走路は無い。例年4月上旬に桜まつりと称する基地公開行事が行われており、この時が4機ある展示機を撮影するチャンスだ。また公開時には1~3機程度のヘリコプターがグラウンドに飛来して展示されるほか、数機が上空をフライパスを行う。過去にはブルーインパルスが飛来したこともある。

(2) 2021年2月15日~3月31日の間にF-86FとT-33Aの再塗装が行われた(公告より2021年1月26日入札)。

(3) 展示されていたF-104JとT-6Gは2021年1月15日~2月12日の間に解体撤去された(基地調達情報の公告より、2021年1月15日入札)。 

【展示機 Displayed aircrafts】  

1. F-1 (60-8273)

f:id:Unikun:20210327132508j:plain

写真1 桜に囲まれているF-1。(2019年4月14日撮影)

 

2. F-86D (84-8128)

f:id:Unikun:20210327131718j:plain

写真2 F-86D。(2019年4月14日撮影)

 

3. F-86F (82-7849) 2021年2月頃には再塗装された。

f:id:Unikun:20210327131653j:plain

写真3 F-86F。(2019年4月14日撮影)

 

4. T-33A (51-5609) 2021年2月頃に再塗装された。

f:id:Unikun:20210327132601j:plain

写真4 T-33A。後ろに見えるT-6Gは2021年3月頃に撤去された(2019年4月14日撮影)

 

【その他】

1.  F-1展示機近くにF-1(10-8255号機)の垂直尾翼を用いたモニュメントが設置されている。 

 f:id:Unikun:20191105101622j:plain

f:id:Unikun:20191105101806j:plain

写真5,6 F-1展示機近くにある10-8255号機の垂直尾翼を使ったモニュメント。(2019年4月14日撮影)

 

2. 例年4月上旬に開催される桜まつりでは陸海空自衛隊のヘリコプターが展示されることが多い。桜が満開の時期と公開日が重なれば最高だ。

 

 

f:id:Unikun:20210327132626j:plain

写真7 状況次第では満開の桜を背景にしたショットが得られる。(2019年4月14日撮影)

 

【展示後撤去された機体】

1. F-104J (76-8704) は2021年1月15日~2月12日の間に解体撤去された。 

f:id:Unikun:20210118182033j:plain

写真8 このF-104Jは2021年2月頃に撤去された(2019年4月14日撮影)

 

2. T-6G (52-0128) は上記F-104Jと共に2021年1月15日~2月12日の間に解体撤去された。 

f:id:Unikun:20210118182101j:plain

写真9 このT-6Gは2021年2月頃に撤去された。(2019年4月14日撮影)

 

以上

編集履歴】 

27Mar.2021 公開

29Apr.2021 見直し更新(第1回目、体裁を見直した)