用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【ソウル】陸軍士官学校

<場所 Place>     ユックン サカン ハッキョ(陸軍士官学校

https://www.kma.ac.kr:461/kma/427/subview.do

<座標 Location> 37.6237N, 127.0970E

<機体 Aircraft>  

1) OH-23G S/N: 64-15145

2) L-19(O-1) S/N: 11679

3) H-500MD  S/N:  ?

<訪問日Visit> 14Oct.2006

f:id:Unikun:20200722095904j:plain

写真1 展示場にある機体(2006年10月14日撮影)

 

 <行き方 Access>

(1) ソウル地下鉄6号線ファランデ(花郎台)駅下車、出口No.4から大通りを北東に真っ直ぐ約900m進むと陸軍士官学校のゲートとなる。ここで見学手続きを行う。 

<解説General> 

(1) ソウル中心部より北東に約13㎞付近にある士官学校。ソウル駅からファランデ駅までは乗換時間を含めて45分程度だ。火~日の1000-1200と1400-1600の2回、無料の見学ツアーが行われる。1月1日、旧正月、秋夕、連休時はツアーは行われない。ツアー参加を希望する場合には3か月前から3日前までにサイトにて見学申請を行う。(ただし現在はコロナ対策のためツアー中止)

詳細(ハングル):https://www.kma.ac.kr:461/kma/2153/subview.do

予約(ハングル):https://www.kma.ac.kr:461/kma/2154/subview.do

(2) 見学コースはおおむね次の通り:博物館(学校広報および安保映像15分視聴後、遺物観覧)ー清憲堂ー花郎練兵場ー野外武器展示場ー陸士記念館ー生徒会館ー第2正門(終了・解散)。ゆるゆると歩きながらの見学なので、武器展示場での撮影時間はあまり多くない。

(3) ツアーは基本的には韓国語のみ。カタコトの英語くらいなら通じる。人によってはペラペラの日本語も通じるようだ。

(4) 「ソウル」と「士官学校」の単語で検索すると日本語で書かれた韓国旅行サイトがいくつか出てくる。一読しておこう。 

(5) H500MDは2006年訪問時には存在していない。月刊航空ファン誌2019年6月号あたりに大路聡氏による最新の訪問レポートがあった。当該記事は切抜いて別途保管していあるハズなのだが、管理が悪くて見つからず、氏の報告内容が確認できないでいます。近々、新橋に行った際にでも航空図書館でコピーしてこよう。

f:id:Unikun:20200722095942j:plain

写真2 OH-23Gはキャノピーが壊れ、プラ板で補修されていた。(2006年10月14日撮影)

 

【その他】

士官学校のゲート脇は旧ファランデ駅(KORAIL)の跡地。SLと客車が展示されている。

 

以上

編集履歴】 

22Jul.2020 公開