用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【HCM市近郊】Bien Hoa、ドンナイ省博物館の展示機

<編集履歴> 12Apr.2019公開、31Jan.2022見直し更新(第3回目、体裁見直し写真追加)

<場所 Place> ドンナイ省博物館敷地内, Bao Tang Tinh Dong Nai

<訪問日 Visit> 12 Apr.2014

<行き方 Access>

(1) HCM市のチョロンバスターミナルからBien Hoa行No.5の市バスに乗車し、大渋滞に巻き込まれながら1.5~2時間でBen Xe Bien Hoa(Bien Hoaバスターミナル)到着。料金は15,000VND。ここから博物館までは大通りに沿って約2.5kmを歩く。

※ Ben Xe Bien Hoa: 10.9544N, 106.8093E

<解説General> 

(1) Bao Tang Dong NaiはBien Hoa空軍基地の南端付近、大通り沿いにある博物館。開館は火曜日から日曜日の0730-1100、1330-1700。土日は1700-2100も開館しているようだ。料金は不要。休館日は月曜日。ただしこれは建物のハナシ。展示されているMiG-21とUH-1(および戦車や対空砲などの屋外物)を見るだけなら敷地ゲートが開いていればいつでも見ることができる。恐らくは休館日の月曜日でも見ることができるだろう。これらの機体は木陰にあるため、GE-Proの衛星画像では確認することができない。

(2) HCM市からのNo.5バスはBen Xe Mien Dong(ミエンドンバスターミナル)を通過するが、広いバスターミナルのどのあたりに停車するか不明。座っていくなら始発のチョロンから乗車する方がよいと思われる。バスの便は多い。なおMien DongからはBienHoaの先まで行くNo.601バスも頻発している。Mien Dongからの所要時間は約1時間だ。No.601にはBen Xe Bien Hoa止まりとその先まで行くものがあるようだ。旅行前にはよく確認して欲しい。

(3) Ben Xe Bien Hoaから博物館の間には市バスも走っている。訪問した際には徒歩での移動中に3本の異なる路線No.のバスに追い抜かれたので、それなりの頻度で走っているようだ。

(4) Bien Hoa基地内にもいくつかの用途廃止機が転がっているが、入門することが出来ないので本Blogでは取り上げない。 

【展示機と座標 Aircrafts and Locations】

 (1) MiG-21PFM (6144, 10.9580N / 106.8297E) 博物館の建物入口脇にある。機体右脇には植樹があるため、右側面の写真は撮りづらい。

f:id:Unikun:20190412113229j:plain

f:id:Unikun:20220131121036j:plain

f:id:Unikun:20220131121053j:plain

写真1~3 博物館の建物入口脇にあるMiG-21PFM。(2014年4月12日撮影)

 

(2) UH-1H(70-15831 / 831, 10.9589N / 106.8297E) 垂直安定板には"68-15831"と記入されていたが、正しいS/Nは”70-15831”だ。ちなみに"68-15831"はCH-47C(のちにD型に改修)のS/Nだ。

f:id:Unikun:20190412113252j:plain

f:id:Unikun:20220131121412j:plain

f:id:Unikun:20220131121430j:plain

写真4~6 博物館の裏手にあるUH-1。(2014年4月12日撮影)

 

【その他】

 屋外にはT59戦車、M113装甲車、XA37対空砲、XA57対空砲が展示されていた。

f:id:Unikun:20220131121620j:plain

写真7 T59戦車はソ連のT54を中国でライセンス生産したもの。ベトナムには350両が輸出されたとされる。説明板に”T59”と書いてあったのでここではT59と記すが、ホントにT59であるかどうは私自身は確認していない。(2014年4月12日撮影)

 

f:id:Unikun:20220131121637j:plain

写真8 S-60 57mm砲か?”XA57”という説明板のあった対空砲。(2014年4月12日撮影)

 以上