用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【静岡県】空自 浜松広報館(その2、屋内展示機)

<編集履歴> 26Mar.2021公開、04Aug.2022見直し更新(第10回目、記事の容量が増えたので屋外展示機・屋内展示機・格納保管機・その他の4記事に分割した)、20May.2024見直し実施(第11回目、ゼロ戦の展示場所移転予定を追記)

 

<解説General>

(1) この記事では浜松広報館の屋内展示機および展示物について紹介します。浜松広報館の基本的な情報(開館時間など)は「空自 浜松広報館(その1、屋外展示機)」にて紹介しますのでそちらを参照ください。

・浜松広報館の基本情報と屋外展示機の紹介について:

【静岡県】空自 浜松広報館(その1、屋外展示機) - 用廃機ハンターが行く!

・格納保管機について:

【静岡県】空自 浜松広報館(その3、格納保管機) - 用廃機ハンターが行く!

・その他:

【静岡県】空自 浜松広報館(その4、その他) - 用廃機ハンターが行く!

・参考:公式HPのURL:

エアーパーク // 航空自衛隊浜松広報館

 

【屋内展示機 Indoor display a/cs.】

 2022年8月4日時点では実機13機(ヘリコプター1機を含む)、FSM(Full Scale Mock up)1機、レプリカ(複製機)1機、実機コクピット部分1機分が屋内に展示されている。これらを以下に紹介しよう。

(1) F-1 (90-8225) 展示館にて一部パネルを外して展示、「保存指定機ではない」と思われる。第3飛行隊マーク。

f:id:Unikun:20220411210535j:plain

写真1-1 機体各部のパネルを開いて内部が分かるように展示しているF-1の90-8225号機。(2018年8月13日撮影)

 

f:id:Unikun:20220411210712j:plain

写真1-2 F-1(90-8225号機)の銘板。どこにあるのか探してみよう。ヒントはコクピットの近くだけれど普通の状態なら見えないトコロだ。(2021年3月24日撮影)

 

(2) F-1 (90-8227) 保存指定機(推定)、展示格納庫展示機、第6飛行隊マーク

f:id:Unikun:20210326005640j:plain

写真2 展示格納庫の三菱F-1。F-1の上に吊下されていたアンサルドS.V.A.9は2022年3月末にお隣の展示館2階に移設された。(2021年3月24日撮影)

 

(3) F-2(FSM、S/N:なし) 元々は開発時に製造された合板製のFSM(Full Scale Mock up)。広報館開館に際して試作1号機(63-8501、ロールアウト時は63-0001号機)の塗装を施して展示していたが、2021年3月のリニューアル時に現行機迷彩色へと塗り直され、機番も13-8557に変更された。

f:id:Unikun:20220414224143j:plain

f:id:Unikun:20220414224209j:plain

写真3-1, 3-2 開館当初から2021年2月末頃までは初号機塗装だった(写真上、2020年8月27日撮影)が、2021年3月のリニューアルに際して現行機塗装に変えられた(写真下、2022年3月20日撮影)。

 

(4) F-4EJ改 (17-8440) 2020年12月1日に百里基地からフェリーされた後に用廃となった。2021年3月9日に館内に搬入され、3月13日から一般公開された。航空自衛隊最終納入機であるとともに世界で最後に製造されたファントムIIでもあるため、保存指定機になっているものと思われる。尾翼には引退時の所属部隊であった第301飛行隊マークを付けている。機体各所に安全ピンが差し込まれたままになっている。また左翼下の増槽タンクには展示作業に携わったスタッフの名前が記されているので確認しておこう。

f:id:Unikun:20210326005720j:plain

f:id:Unikun:20211225093959j:plain

写真4-1, 4-2  世界で一番最後に製造されたファントムII。F-4EJ改17-8440号機。左翼タンクの上面に展示に携わったスタッフの名前が記されている。2021年9月29日の公式TwitterにてAIM-9Lダミー弾が搭載されたことが発信された。2022年7月31日時点では機首左脇にAIM-7のダミー弾も置かれている。(2021年3月24日撮影)

 

(5) F-86F (02-7960) 保存指定機、B.I.機

写真5 浜松基地には教育訓練基地として多数のF-86Fが配備されていたが、ノーマル塗装のF-86Fは基地内にも残されていない。(2021年12月21日)

 

(6) F-86D (84-8104) 保存指定機(推定)、マーク無し

f:id:Unikun:20210326004715j:plain

写真6 テラス部分からはF-86Dなどを見下ろすことができる。(2021年3月24日撮影)

 

(7) F-104J (76-8693) 保存指定機、第204飛行隊マーク

f:id:Unikun:20220411212543j:plain

写真7 F-104J。(2021年3月24日撮影)

 

(8) MU-2S (13-3209) 保存指定機(推定)、浜松救難隊

f:id:Unikun:20220411211453j:plain

写真8 機首に捜索用のレーダーを備え付けたMU-2S。(2022年3月20日撮影)

 

(9) T-2 (59-5111) 保存指定機、B.I.機、FCSを持たない前期型 

写真9 国内に残るブルーインパルスのT-2前期型はここでしか見ることができない。(2021年3月24日撮影)

 

(10) T-2 (59-5114) コクピット部分をフライトシミュレーターとして利用したもの。本機は保存指定機ではないと推定。

写真10 退役機のコクピット部分を利用したシミュレーター。(2021年3月24日撮影)

 

(11) T-3 (91-5517) 吊り下げられているので判りにくいが機首右側エンジンカウリングの下方に展示に関与したスタッフの名前が書かれている。保存指定機。第11飛行教育団マーク。

f:id:Unikun:20220411213311j:plain

写真11 機首反対側(右側)には展示に際して協力したスタッフの名前が書かれている。(2021年3月24日撮影)

 

(12) T-4 (66-5745) B.I.機。松島基地で2020年3月20日に行われたオリンピック聖火到着式典でのフライトが最後の任務となった。2020年3月24日に浜松基地にフェリーされて用廃となり、展示用の整備を行ったあと、2021年3月9日に浜松広報館に搬入された。一般公開は同年3月13日から。展示当初はラジオコントロールパネルが付いておらず、写真が張り付けてあったが、2021年12月21日に訪問した際には実物が取り付けてあった。保存指定機かどうかは確認していない。

f:id:Unikun:20211225094211j:plain

写真12-1, 12-2 2021年3月から展示されたT-4B.I.(2021年3月24日撮影)。下はコクピットのラジオコントロールパネル。展示当初は実物大の写真が張付けてあったが半年ほどで実物が装着された(2021年12月21日撮影)。

 

(13) T-34A (51-0382) 保存指定機、マーク無し

写真13 2階テラス部分からだと真横を見ることができる。(2021年3月24日撮影)

 

(14) KV-107IIA-5 (24-4832) 保存指定機(推定)、浜松救難隊

f:id:Unikun:20210930130801j:plain

写真14 KV-107IIA-5。(2021年3月24日撮影)

 

(15) ゼロ戦52型甲 三菱製4685号機、尾翼記載番号は43-188。2024年度中(恐らくは2025年3月初旬頃)に展示館の2階へ移設する予定だ(浜松基地調達情報より)。

f:id:Unikun:20220223223526j:plain

写真15 2025年3月末までに隣の資料館2階へと移設される予定のゼロ戦。機体下面は間もなく撮影できなくなるぞ。(2018年8月13日撮影)

 

(16) アンサルドS.V.A.9 1970年の大阪万博の際にイタリア館にてローマ~東京の飛行50周年記念として展示されたレプリカ機で万博終了後に日本に寄贈されたもの。その後は浜松南基地(現在の南地区)格納庫内で保管されており、基地祭で南基地を公開した時には見ることができた。広報館開館当初より吊り下げられて展示されていたが2020年度に分解修理を実施(組上は2020年11月26日)。修理後は2021年1月末までは地上展示を行い、その後は従前通り吊下展示となった。2022年3月7~10日の臨時休館中に降ろされてF-86Dの左脇に展示されていたが3月23日には展示館2階に移設され、再組立てが行われた。3月25日には見学可能な状態だったが、公式Twitterによる移転完了報告発信は4月5日だった。

 公式Twitter発信によるとS.V.A.9の実機は1920年に寄贈され、靖国神社遊就館に展示されていたが戦争で焼失したとされるが、私自身は遊就館での実機展示や焼失の事実については未確認だ。

f:id:Unikun:20220414231327j:plain

f:id:Unikun:20210930130103j:plain

f:id:Unikun:20220324103659j:plain

写真16-1,-2,-3,-4 展示格納庫に吊り下げられていた頃のアンサルドS.V.A.9(2021年3月24日撮影)。2番目の写真派床上に降ろして補修中の際のもの(2020年8月27日撮影)。2022年3月に2週間ほどF-86Dの隣の床上に展示されていた(2022年3月20日撮影)が、その後、隣の展示資料館2階に移設された(2022年7月31日撮影)。

以上