用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【群馬県】榛東村しんとうふるさと公園のUH-1B

<編集履歴> 24Mar.2022公開

<場所 Place> 群馬県北群馬郡榛東村大字山子田1920-1 しんとうふるさと公園

(問合わせは村役場の産業振興課へ)

<座標 Location> 36.4490N, 138.9685E

<機体 Aircraft>  UH-1B(41585)

<訪問日Visit> 23Mar.2022

<行き方 Access> 

(1) 高崎駅西口から榛東村役場行の群馬バスに乗車して約30分(680円)、終点「榛東村役場」で下車し、約1,6kmを歩く。徒歩約20分だ。

(2) JR上越線八木原駅から道なりに約5.5km、徒歩約1時間15分(往路)

<解説General> 

(1) 村営の公園の一角にUH-1Bが機首を南東に向けて置かれている。開園時間は0900-1700、水曜日休園。入場無料。

(2) 機体左側(逆光側)は開けているが、それでも遊具などがあり、あまり下がることはできない。標準ズームレンズの広角側で撮影可能。機体右側には植栽があり、直ぐに外柵となる。真横を撮るなら外柵から20mm程度だ。

(3) 機体は長年木陰にあったため、機体は樹液(ヤニ)で黒く汚れている。退色する機体は普通にあるが、黒ずんで汚れた機体というのはある意味珍しい。2021年度の冬季に樹木を一部剪定したようなので、ある程度は光が当たるようになった。前述の通り木陰にあったため、(樹木が育つ以前に撮影した)2014年3月18日取得のGE-Pro画像以外では確認できない。

f:id:Unikun:20220324150127j:plain

写真1 外柵からフルサイズ70mm程度にて。(2022年3月23日12時30分ごろ撮影)

 

f:id:Unikun:20220324150154j:plain

写真2 機体は外柵に近いので全景を撮るなら超広角系のレンズが必要だ。フルサイズ22mm程度にて。(2022年3月23日12時15分ごろ撮影)

 

f:id:Unikun:20220324150215j:plain

写真3 外柵から機体左側を撮影する場合には植樹や遊具が邪魔になる。フルサイズ112mm程度にて。(2022年3月23日12時ごろ撮影)

 

【余談】

(1) 現地を訪問すると誰も遊んでいなかった。おかしいと思い門を探すと閉まっていた。その周辺に看板も張り紙も無いので、閉園している理由が分からないのだが、とにかく入ることができないのが現実だ。仕方なく外周から撮影してから、陸自相馬原駐屯地に向かう途中にある村役場で伺ったところ、訪問した3月23日(水)は休園日であったことを知らされた。あとでHPを確認すると確かに「水曜日は休園」と書いてある。おっかしいなぁ?どうして見逃していたのだろう?まぁ、そこそこ撮れたから良しとしようじゃないか。

(2) 戦車やOH-6Dを展示してある陸上自衛隊相馬原駐屯地正門までは徒歩で25分ほどの距離だ。途中には村営の温泉もあるので、のんびりと湯に浸かることもできる。ただし高崎駅までのバスを使う場合、日中には平均2時間に一本程度しかバスの便が無いので、時間をよく考えて行動しよう。

・参考記事:

【群馬県】陸自 相馬原駐屯地のOH-6D - 用廃機ハンターが行く!

以上