用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【短報・続報】岐阜かかみがはら航空宇宙博物館にファントム431号機とBK117を導入

 先に「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館にファントム展示か?」という記事を上げましたが、F-4EJ改と搭乗体験用のBK117を導入することが岐阜県の令和4年度予算要求資料に記されていることが読者からのご連絡により判明しましたのでお知らせします。

 ご連絡くださいました方には、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

さて、その文書はコチラです。まずは一読くださいな。

https://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11105/yosan-hensei/R4koukai-3/07/110017.pdf

 これを読んでも展示用に導入する機体が「431号機」であることは直接的には分かりませんが、文章には「F-4EJ改を導入する」と記されています。岐阜基地に残る「F-4EJ改」は「07-8431」号機だけですね。すなわち「07-8431」号機の展示は決定ということになります。

またBK117は屋外地盤工事及び機体固定等にかかる費用があげられているので屋外に設置されるものと思われます。

 

【背景事情】

 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の運営に際しては岐阜県各務原市がそれぞれお金を出しています。このため「岐阜県の予算情報」と「各務原市の予算情報」の二つを確認しなくてはならなかったのです。「各務原市の予算情報を見なさい」という先のお知らせだけでは不十分だったのですね。ごめんなさい(反省)。

 

【文書のある場所】

 さて情報公開の程度が進んでいるのは喜ばしいことですが、この情報は結構ややこしい場所にあります。読者の皆様ご自身で、一度は県のホームページから進み、財政情報の公開に至る構造を理解できるようにしておきましょう(社会生活で応用可能な場面は多いと思いますよ)。

 では、次のように進んでください;

岐阜県公式HP> 県政情報> 財政・予算・決算> 予算(注1)> 「予算情報公開について」の中の「予算編成過程の公開」> 令和4年度> 令和4年度当初予算の要求状況(注2)>商工労働部>航空宇宙産業課のNo.12

注1 最終的にいくらかかったのかという情報を確認する場合にはここで「決算」を選択して下さい。ただし令和4年度の決算は年度が終わった後にまとめられ、令和5年の晩秋頃に掲載されるハズです。

注2 決定予算を確認する場合にはここで「令和4年度当初予算案の決定内容」に進みます。あとは上記とほぼ同様です。

f:id:Unikun:20220304213352j:plain

写真 なぜか尾翼を切った構図で写した431号機。これが現役時代最後のショットとなってしまった。2019年11月10日岐阜基地航空祭にて撮影

 

さぁ、あとは「いつ」博物館に搬入するのか、「いつから」一般公開されるのかという情報をつかむだけだ!

 

※参考(前の記事):

【短報】令和4年度、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館にファントム展示か? - 用廃機ハンターが行く!

以上

<編集履歴> 04Mar.2022公開