用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【中国の展示機】MiG-15シリーズとJ-5(MiG-17)シリーズの見分け方

<編集履歴> 09Dec.2021公開、23Dec.2021見直し更新(第4回目、見直し修正)

 

 中国国内の展示機の説明板の解説文にはMiG-15とJ-5(中国製MiG-17)を間違えて記載していることがある。「現地に行って、自分の目で見ること」を第一の目的にしている本Blogでは現地に何が展示されているのかを見分ける力が必要だ。濃いマニアにとっては「MiG-15とJ-5は全てが違うじゃん」の一言でお終いだが、「アメリカ製の機体は分かるけれど機首に口が開いた銀色の旧ソ連機は苦手」という方は意外に多いように思う。そこでMiG-15シリーズとJ-5(中国製MiG-17)シリーズ、ついでにJ-6(中国製MiG-19)シリーズの簡単な見分け方について記しておこう。チェックするのは以下に記した4点だけだ。

 

【識別点その1:主翼上面の境界層板は何枚か?】

 主翼上に設けられたフェンス(境界層板・境界層隔板)の数を数える。片翼の上に2枚あるならMiG-15シリーズ、3枚ならJ-5(中国製MiG-17)シリーズだ。2枚と3枚の違いまでは覚えているけれど、どっちがどちらの機種だっけ?という時には「空力性能を向上させるために改良して板を増やしたのが、後から作られたJ-5(MiG-17)」と覚えておこう。なおJ-6は大きなものが1枚だけだ(小さなものが主翼付け根近くにあるが、これは無視する)。

f:id:Unikun:20211209120744j:plain

写真1 MiG-15の主翼上面のフェンスは2枚。なお、この機体はMiG-15bisだ。(上海市金山区楓涇鎮、2018年3月24日)

 

f:id:Unikun:20211209120123j:plain

写真2 J-5(中国製MiG-17)シリーズの主翼上のフェンスは3枚だ。エアブレーキのアクチュエーターフェアリングや機尾下部のフィンの有無もMiG-15との識別点だ。(恵州市飛雁公園、2016年9月24日撮影)

 

f:id:Unikun:20211209124649j:plain

写真3 参考としてJ-6(中国製MiG-19)の同じようなアングルでの写真を紹介する。主翼上のフェンスは大きいのが1枚(ごく小さなものもあるが、これは無視する)、エンジンは双発だ。水平尾翼の取付位置も異なっているぞ。(沙家浜風景区、2016年3月5日撮影)

 

f:id:Unikun:20211209120239j:plain

写真4 J-6シリーズの主翼上の3枚のフェンスを横上から見る。 (広州市星海公園、2016年11月6日撮影)

 

【識別点その2:エアブレーキにアクチュエータのフェアリングはあるか?】

 エンジン排気口付近のエアブレーキ取り付け状態を確認する。エアブレーキのヒンジ部(胴体との接合部)が二か所見えるならMiG-15シリーズ、胴体に沿って細長いフェアリングエアブレーキを開閉するアクチュエーターのある部分)があるのがJ-5シリーズ。「空戦時の加減速をしやすくするためにエアブレーキ作動を強化改良したのが、後から作られたJ-5(MiG-17)」と覚えておこう。なおこの確認時に双発機であればJ-6(中国製MiG-19)シリーズだ。J-6の詳細は別項へ。

【中国の展示機】J-6(歼6)シリーズ - 用廃機ハンターが行く!

 

【識別点その3:ベントラルフィンの有無を確認する】

 エンジン排気口下部のフィンの有無を確認する。機体下部に何も無いのがMiG-15シリーズ。ベントラルフィンがあるのがJ-5(MiG-17)シリーズ。「空力的に見直して、より安定化させるようフィンを設けたのが、後から作られたJ-5(MiG-17)」と覚えておこう。

f:id:Unikun:20211209120328j:plain

写真5 MiG-15の排気口付近の様子。右側が排気口だ。機首側に2か所のヒンジ部が見える。機体下面にフィンはない。アクチュエーターのフェアリングもなくシンプルな造りとなっている。(中国空軍博物館、2011年11月5日)

 

f:id:Unikun:20211209120353j:plain

写真6 J-5の排気口付近の様子。左側が排気口。大きなアクチュエーターのフェアリングが目立つ。また機体下面にはフィンがある。(東方緑舟、2018年3月24日撮影)

 

【 識別点その4:単座か複座か?】

 コクピットを見る。単座機か複座機か?

MiG-15系で単座ならMiG-15かMiG-15bis、複座ならUTI-MiG-15だ。

J-5系で単座ならJ-5かJ-5A、複座ならJJ-5。J-5Aは機首にレドームがあるので一目瞭然。

 

【参考】

世界の傑作機No.97「MiG-15”ファゴット”, MiG-17"フレスコ"」(2020年アンコール版)

百度百科の「米格-15战斗机」、「歼-5」および「歼教-5」(2021年12月10日閲覧)

以上