用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【短報】三沢航空科学館のファントム、再塗装工事中

 三沢航空科学館の屋外展示機F-4EJ改(57-8375)は12月10日までの予定で再塗装工事を行っています。2009年1月29日に同館へ搬入されてから約13年(12年8か月)が経過し、初めての再塗装になりますが、機体前にある工事情報を記した立て看板の記載内容は次の通りです。

・工事名: 大空ひろば展示機塗装修繕

・工事の概要: F-4展示機塗装

・期間: 2021年9月9日~12月10日

・請負額: 2,035,000円

f:id:Unikun:20211103182842j:plain

写真1 現在再塗装工事中の三沢航空科学館のファントム(2021年8月26日撮影)

 

さて本Blog的に気になったのは最後の金額。

「ファントム一機を塗り直すと約200万円かかる」という数値の目安が明確になったことが情報的にはウレシイですね。業者の多いエリアと少ないエリアで入札を行えばプラスマイナス50万円くらいは差が付きそうですが、まぁ、いいでしょう。

 かかる費用を13年の年間経費均等割りにしてみると年間15万7千円程度、152か月(12年8か月)で割り返すと月間1万3千円程度となります。ちょいとイロをつけて1万5千円、さらに物価上昇の予想分も含めて年間2万円程度を「積み立て」ておけば、10年に一度程度は塗り直すことができる、という勘定ですね。

 三沢航空科学館の場合、屋外に11機の機体があります。大はUP-3Aから小はOH-6D/ T-3まで、同じ費用で塗り直すというには無理があるけれど、ざっくり2万円/機×11機=22万円/月(年間264万円)を積み立てれば10年に一度は再塗装できるという計算ですか。

 三沢航空科学館の場合には工事対象となる屋外展示機が約10機と計算しやすい機数なので、「毎年264万円程度」の維持補修費を計上して、毎年1機ずつ塗り直せば10年一回の再塗装サイクルが確立して、予算も(変動が少なく)取りやすいように感じますね。

 

  ここで年間264万円の維持補修費を入場料収入だけで確保したらどれだけの入場者数がいなければならないのかということを考えてみます。現在の入場料は大人510円。入場者が全て大人だと仮定すると年間5,176人やってこないとなりません。博物館の光熱費、スタッフの人件費などを考えれば、その10数倍程度以上の入場者が安定的に来館してくれなければ、入館料収入だけでは博物館は維持できないということですね。

・・・機体をいつもキレイにして見せて欲しいとは思いますけれど、やはり大変なのですねぇ・・・。

f:id:Unikun:20211103184356j:plain

写真2 今冬は雪の中のキレイなファントムの写真が撮れることだろう。(2014年2月1日撮影)

 

 最後に注意事項:

 今回の記事では「再塗装する金額」のみに注目して、その費用はどれだけになるかという視点で文章を書いています。この金額で元の色合いを再現し、機体各所の細かな注意書きを全て再現できるとは考えていません。それらの作業の難しさなどは、いつか別な機会にでも書いてみたいと思っています。

 

以上

編集履歴

03Nov.2021 公開