用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【東京都】東京消防庁本部庁舎のアルエットIII

<場所 Place> 〒100-8119 東京都千代田区大手町1-3-5 東京消防庁本部庁舎

東京消防庁<東京消防庁本部庁舎 案内図>

<座標 Location> 35.6887N, 139.7614E

<機体 Aircraft>  Sud SA316B、アルエットIII (JA9121、No.2000、みずたま)

<訪問日Visit>   10Dec.2020

f:id:Unikun:20211001145146j:plain

写真1 東京消防庁本部庁舎の入口脇にあるアルエットIII。フルサイズ35mm程度のレンズで撮影できる。入口なので目の前を横切る人は多い。人を入れずに撮るにはかなりの時間、待つこともあるだろう。(2020年12月10日撮影)

 

<行き方 Access> 

(1) 東京メトロ東西線竹橋駅4番出入口より約90m、徒歩1分。

(2) 東京メトロ大手町駅C2b出入口より約280m、徒歩約4分。

<解説General> 

(1) 東京消防庁の本部庁舎の入口(ビル内部)に用廃となったアルエットIII(JA9121、みずたま)が展示されている。組織業務の特性上、一年365日24時間、いつでも入れそうだが、一応「毎日0800-1800、年中無休」としておく。

(2) 機体脇に「庁舎内は撮影禁止」の立て看板があるが、この機体の撮影は可能。受付や周囲の警備担当者に一言声をかけてから撮影しよう。機体右側をフルサイズ35mm程度で撮影できるが、配置の都合上、テールブーム付近はエントランスドアの陰になる。機体正面には衝立板があるため、正面系の撮影は事実上不可能。衝立の隙間や機首の左右斜め前から超広角レンズでなんとか記録写真程度を撮影することができる。機体左側はビルのガラスとなり、立入ることは出来ない。外部から色のついたガラス越しに機体後半部を撮影することは出来るが、本当に記録程度の写真しか得られない。GoogleMapのStreetViewで状況が判るので訪問前に確認しておくと良い。

(3) 愛称の「みずたま」は何故か消されていた。

f:id:Unikun:20211001145221j:plain

写真2 機体正面に設けられた衝立板の脇からフルサイズ16mm程度で撮影。機体左側に行くことはできない。(2020年12月10日撮影)

 

【余談】

 本部庁舎近くには警察博物館靖国神社消防博物館がある。休日などに一度に巡ると「用廃機ハンティング」の効率が良い。

 

【余談その2】

1981年ごろ、東京・晴海ふ頭で行われた東京消防庁出初式に参加するヘリは近くのグランドに駐機したり、離着陸して資材や人員の積み下ろしを行っていた。これを友人とともに撮影に行った時のこと。機体右側に描かれた愛称は機首側から機尾側にむけて書かれていたので「またずみ」と読めたので「へぇ~、この機体の愛称は”またずみ”っていうんだ!!」と言ってしまった。同行した友人は絵が上手く、この話を4コマ漫画にして同人誌で広めてくださいました。そしてこれ以降、私には「Uni君」のほかに「またずみ(君)」というあだ名がついたのでした。1980年台前半の月刊誌「航空ジャーナル」(現在では廃刊)の読者投稿欄に何度か「またずみ」のペンネームで投稿してますので、古本屋で見つけたら笑ってやってください。あ、もう40年前の話かぁ!

 

以上

編集履歴

01Oct.2021 公開

02Oct.2021  見直し更新(第1回目、追記、修正等)