用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【長野県】聖博物館の展示機

<場所 Place> 〒399-7701 長野県東筑摩郡麻績村麻聖5887-1

麻績村立聖博物館 | 長野県麻績村(おみむら)公式観光サイト

<座標 Location>  36.6658N, 138.1943E

<訪問日Visit> 未訪問

<行き方 Access> 

(1) JR篠ノ井線聖高原」駅下車、タクシーで道なりに約7km、約15分。徒歩なら山道を登ることになり、約2時間ほどかかる。

(2) 聖高原駅から聖湖までは村営バスが土曜日のみ一日3便運行される。聖高原駅発は0915、1205、1510だ。(最新情報はネットで確認すること) 

<解説General>

(1) 高原にある”聖湖”(ダム湖人造湖)の湖畔にある村営博物館で「航空史料館」を併設している。屋外展示場には4機の自衛隊機が展示されている。開館時間は4月から11月中旬ごろまでの0900-1700、火曜休館、冬季閉鎖。入館料大人300円。

(2) 戦艦陸奥の41cm主砲の砲身やD51-769も屋外に展示されている。

(3) 史料館内にはF-104Jのエンジン、旧型機の木製プロペラなどが展示されている。

【展示機 Displayed aircrafts】

(1) F-86D (94-8146) 1979年10月14日には存在していた。

f:id:Unikun:20210513224114j:plain

写真1 F-86D。 (2009年9月20日撮影)

 

(2) F-86F (82-7865) 1991年06月には存在していた。

f:id:Unikun:20210513224140j:plain

写真2 翼下にタンクを付けていないF-86F。(2009年9月20日撮影)

 

(3) F-104J (46-8608) 1991年06月には存在していた。

f:id:Unikun:20210513224218j:plain

写真3 F-104Jは機体脇の高台から見下ろして撮れるが、近すぎるため標準ズームレンズでは全景をいれることができない。 (2009年9月20日撮影)

 

(4) T-34A (51-0337) 1980年08月には存在していた。

f:id:Unikun:20210513224247j:plain

写真4 T-34A。(2009年9月20日撮影)

 

【展示後に撤去】

(1) H-19C (11-4716) 1979年10月14日から2002年10月22日の間には存在していた。2004年ごろに撤去された。

(2) C-46D (91-1145) 2009年9月20日までは機首部が展示されていたが、その後撤去された。

f:id:Unikun:20210205193702j:plain

写真5 C-46Dは撤去されてしまった。 (2009年9月20日撮影)

 

以上

編集履歴

13May.2021 公開