用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【宮城県】空自 松島基地の展示機

<場所 Place> 〒981-0503 宮城県東松島市矢本板取85

松島基地|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊

 <訪問日Visit> 25Aug.2019ほか

<行き方 Access> 

(1) 正門まではJR仙石線矢本駅から約2.1km、徒歩約30分、タクシーで数分。基地祭開催時には駅から700mほどの基地北端にある臨時ゲートから入門できるが、航空機展示会場まではさらに約850m歩くことになる。

<解説General>

(1) 第4航空団の基地。第11飛行隊「ブルーインパルス(B.I.と略す)」の基地として有名で、SNS上で松島基地の状況を確認しようとするとB.I.しか出てこないこともあるが、部隊規模からいえばF-2Bによるパイロット養成基地の方がメインだ。松島救難隊も所属している。例年8月最終週末に航空祭が行われている。(ただし2020年は新型コロナウイルス感染防止のために中止、2021年の開催は未定)

(2) 基地正門奥にF-86F、F-104J、T-2の3機の展示機があるほか、B.I.ハンガー内にT-2B.I.機が保管されている。また基地公開時には尾翼モニュメントや救出訓練用のT-2の機首部などを見ることができる。

【展示機】

1. T-2(59-5192、38.4126N, 141.2240E) 本機は2008年8月の航空祭が一般初公開となった二代目のT-2展示機だ。先代の展示機59-5109は廃棄された。 

f:id:Unikun:20200413181510j:plain

写真1 松島基地のT-2とF-86F。(2019年8月25日撮影)

 

2. F-86F (82-7789 、38.4125N, 141.2240E)。左側の機首先端部には津波到達ラインが表示されているが、2019年の航空祭時にはシールのため剥がれかけていた。このマーキングだけはしっかりと後世に残してほしいと思う。

f:id:Unikun:20210302214801j:plain

f:id:Unikun:20210302214830j:plain

写真2および3 松島基地のF-86Fと機首部に記された津波到達ラインの表示。この状況を見ると「あの記憶も風化したな」と感じる。(2019年8月25日撮影)

※2021年6月17日に行われた准曹士会による本機清掃の映像を公式Twitterで見たところ、この表示は元通りに修正されていました。

 

3. F-104J (36-8535、38.4125N, 141.2237E)。20mm砲口は塞がれている。

f:id:Unikun:20210302222355j:plain

写真4 松島基地のF-104J。(2019年8月25日撮影)

 

4. 先代B.I.の使用機T-2(29-5176)が格納庫内に保管されている。航空自衛隊の保存指定機だ。津波による被害を受けたが修復された。 

f:id:Unikun:20210302222939j:plain

写真5 B.I.ハンガー内に保管されているT-2B.I.。(2019年8月25日撮影)

 

5. 第11飛行隊隊舎前(38.4119N, 1412236E)には津波で被害を受けたT-4B.I.( 26-5804) の垂直尾翼がモニュメントとして設置されている。

f:id:Unikun:20190901192545j:plain

写真6 モニュメントとなったT-4B.I.の26-5804号機の尾翼。(2019年8月25日撮影) 

 

6. 用廃となったT-4B.I.(46-5725)の垂直尾翼は稼働可能な台車の上に設置され、各種イベントでの広報展示用に使われている。基地公開の際に見ることができる。

f:id:Unikun:20190901192636j:plain

写真7 基地公開時に展示されるT-4B.I.の垂直尾翼(2019年8月25日撮影) 

 

7. 津波被害を受け用廃となったF-2B(23-8110)のコクピット部分が学生教育に使われており、基地公開時に見ることができる。コクピット内部の写真撮影はできない。  

f:id:Unikun:20190902193734j:plain

写真8 津波被害にあったF-2Bの110号機は教材として利用されている。(2019年8月25日撮影)

 

8. 基地北西部 (38.4105N, 141.2104E))には震災以前からパイロット救出訓練に使われるT-2(79-5141)の機首部がある。基地公開時にはエプロンから見ることができるが、かなり遠い。外周からは松の木と雑草の間からかろうじて見ることができる。

f:id:Unikun:20190901114551j:plain

写真9 乗員救出訓練に使われているT-2の機首部。エプロンからはかなり遠い場所にあるので、原画をオニのようにトリミングしている。(2019年8月25日撮影)

 

9. 2017年ごろの台風の際に勝手に動き出して破損した元展示機のT-6(52-0129)が管制塔近くに放置されている (38.4093N, 141.2117E)。機体には52-0080と記入されており、全国のT-6展示機の中では比較的外観の状態の良い機体であったが、そのうち撤去されることだろう。

f:id:Unikun:20191212204349j:plain

写真10 管制塔近くには台風の際に破損した元展示機52-0129(52-0080と記載)が放置されている。(2019年8月25日撮影)

 

以上

編集履歴

02Mar.2021 公開

17Jun..2021 見直し更新(第3回目、F-86F津波到達ライン修正を確認)