用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

陸上自衛隊 T-34Aの展示機

 陸上自衛隊では富士重工ライセンス生産された9機のT-34A(S/N60601~60509)を1954-1982年に使用していた。このうち用廃となった6機が展示されていたが、現存するのは次の3機だ。

<展示機>

(1) 60506 栃木県 陸上自衛隊北宇都宮駐屯地(36.5168、139.8758)、元航空自衛隊の51-0343

f:id:Unikun:20210205185822j:plain

写真1 陸上自衛隊北宇都宮駐屯地のT-34A。(2014年5月25日撮影)

 

(2) 60508 埼玉県 所沢航空発祥記念館、元航空自衛隊の51-0346

f:id:Unikun:20210205182534j:plain

写真2 所沢航空発祥記念館のT-34A。オリジナルとはかけ離れた塗装を施されている。(2018年8月22日撮影)

 

(3) 60509    大阪府 陸上自衛隊八尾駐屯地(34.5686, 135.6056)、元航空自衛隊の51-0349

f:id:Unikun:20211023170243j:plain

写真3 八尾駐屯地のT-34A。銀色に塗られている。(1999年11月7日撮影)

 

【展示後撤去】

(1) 60501 北海道 東千歳駐屯地に展示後、2016年4月30日以降、2017年5月25日までの間に撤去

(2) 60504 兵庫県 青野原駐屯地に展示後、2006年ごろ撤去

(3) 60505 北海道 美幌航空公園展示後、2016年12月に撤去

f:id:Unikun:20191214142012j:plain 

写真4 かつて東千歳駐屯地にあったT-34。撤去済だが記録として掲載する。(2005年6月5日撮影)

 

以上

編集履歴

14Dec.2019 公開

23Oct.2021 見直し修正(第10回目、八尾駐屯地の機体写真を追加)