用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【Bangkok】National Memorial(国立戦没者慰霊塔)

<場所 Place>        バンコクドンムアン空港の北約3.8km付近

<機体と座標Aircraft and Location>       

1) O-1E     S/N: 53116 / 5620        13.9518N, 100.6200E

2) T-28A    S/N:  0-53652               13.9513N, 100.6216E

3) OH-13S  S/N: 9182                    13.9517N, 100.6209E

3) C-123                                         13.9532N, 100.6224E

<訪問日  Visit> 09Jan.2015、10Jan.2020ほか数回訪問。 

f:id:Unikun:20200104145931j:plain

写真1 ポールの上に飾られたT28A。反対側の道路からも撮影可能。(2015年1月9日撮影)

 

f:id:Unikun:20200104150227j:plain

写真2 OH-13S(Bell47G3)とM41戦車。(2015年1月9日撮影)

 

<行き方 Access>

1. ドンムアン空港前から北に向かう市バスに乗って5~10分程度。

<解説General> 

1. ドンムアン空港の北端付近、空港をはさむ2つの道路の合流点にある大きな慰霊塔。慰霊塔および隣接する博物館は入場無料。入場時間は月ー金の午前9時から15時までだが、時間外や休館日でもゲートが開いていることがあり、屋外展示機が撮影可能な場合がある。どうやら平日18時までは2つの道路のショートカット道路として門を開けているようだ。O-1とT-28は中望遠レンズがあれば外周からでもなんとか撮影できるので、時間があれば行ってみよう。

2. 上述した展示機のうちC-123はパホンヨーテン通りを挟んだ反対側の軍事施設内にある機体だ。塀があるので上半分程度しか見ることができないが紹介しておく。

3. ドンムアン空港前からのバスは複数あり、またバスのタイプによって料金が異なる。National Memorialのタイ語を車掌に見せるか、その先の町の名前である「ランシットRangsit」と言えば、(少し高くなるかもしれないが)料金を言ってくる。理解できなければ20バーツぐらいを渡すとお釣りをくれるはずだ。モタモタしていると通り過ぎてしまうので注意しよう。 

4.ドンムアン空港の滑走路を挟んだ反対側にはタイ空軍博物館やエアクラフトパークがあり、多くの機体が展示されている。これらについては別記事を参照されたい。 

f:id:Unikun:20200104150347j:plain

写真3 外周道路にかかる歩道橋から撮影したO-1E。(2015年1月9日撮影)

 

f:id:Unikun:20200104150458j:plain

写真4 道路を挟んだ反対側の軍事施設内に上半分だけ見えるC-123。2016年頃からは濃いグレー地に”少しだけデジタル模様”の塗装になっている。(2015年1月9日撮影)

 

以上

編集履歴

03Jan.2020 公開

15Oct.2020 見直し更新(第4回目、字句表現等見直し)