用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【Nakhonpathom】エアクラフトマーケット

<場所 Place>        321号線(Malaiman Rd.)沿いのオープンマーケット脇

<機体と座標 Aircrafts and Location>  

1) MD-87ほか  13.8489N, 100.0204E

2) YS-11 13.8472N, 100.0188E

3) L-1011  

4) Fantraner 13.8475N, 100.0206E

<訪問日 Visit> 11 Jan.2019

f:id:Unikun:20191224010351j:plain

写真1 321号線沿いに設置されたMD-87。(2019年1月11日撮影)

 

<行き方 Access>

1.  バンコクより鉄道でSnam Chandra Palace駅(無人駅)下車後、西に約550m進み、321号線を北上する。駅から徒歩約3.9kmだ。321号線を1時間に1-2本走るカンペーンセン方面に行くソンテウが来れば、これに乗れば良い。

2. バンコクよりバスもしくは鉄道でNakhonpathom駅前に行く。正確には駅前からワットプラパトムチュディーに向かって1ブロック進んだChedi Bucha川沿いだ(13.8234,100.0596)。ここからPhra Prathon, AH2(4号線)、321号線を経由してカンペーセン方面に行くソンテウに乗り、15分程度。

3. 321号線には路線バスも走っているが運行時間や間隔は不明。悩んで待つより歩いて行ったほうが絶対早い。

f:id:Unikun:20191224010919j:plain

写真2  YS-11の胴体部分。左右の主翼も脇に置かれている。(2019年1月11日撮影)

  

<解説General> 

1. 週末はマーケットとなるらしい広場の周辺にアイキャッチャーとして機体や軍用車両(放出品)などが並べられている。機体を見るだけなら無料、24時間いつでも近寄ることができる。 

2. Nakhonpathom駅前のソンテウ乗り場およびバス停には数系統の路線のソンテウやバスが30分に一本程度の割合で発着していた。タイ語で目的地を示せるように準備して、行くかどうかを確認しよう。

3. 私自身は往路はSnam Chandra Palace駅より歩いて行き、帰りはマーケット前からソンテウに乗ってNakhonpathom駅前に戻るルートを取った。

4. Nakhonpathom駅前のワットプラパトムチュディーは観光地として有名。

5. 現時点では撮影に適した時間帯にNakhonpathom駅に到着する列車は数本しかないが、数年後にはバンコク郊外線として本数が増加するハズである。タイのハナシなので、実際いつのことになるかは判らないが、訪問前にはアクセスの変更の有無をよく確認してほしい。

f:id:Unikun:20191224011012j:plain

写真3 上半分が無いL-1011。(2019年1月11日撮影)

 

以上

編集履歴

20Dec.2019 写真無いまま公開

09Sep.2020 見直し更新(第2回目、体裁見直し)