用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【ヒント その3】情景写真を撮る

【情景写真撮影時のヒント・基本】

「ヒコーキのある風景」や何らかの意図を持った記事に写真を使用するつもりの場合(例えば「反戦を訴える記事」に掲載する写真を撮影する場合)には、航空雑誌ではなく一般のカメラ雑誌に記載されている撮影テクニックをフルに活用します。

ぶっちゃけたハナシ、「航空雑誌を見るよりも、カメラ雑誌や画集などを数多く眺めて、構図(配置)と光の使い方の感性を身につけなさい」というコトなんですが・・・。

おおむね以下の事項について考えながら撮影しましょう。

 

<情景写真撮影時のチェックリスト>

1) 主題の配置が「黄金分割」の位置にあるか?

(黄金分割の位置とは画面を縦に三等分、横に三等分する線と対角線を引いた場合に、その交点に主題がある構図をいう)

2) 近寄って撮ったか?

3) 引いて(離れて)撮ったか?

4) 上から見下ろして撮ったか?

5) 下から見上げる様に撮ったか?

6) 望遠レンズで圧縮して撮ったか?

7) 広角レンズでパースを強調して撮ったか?

8) 絞り込んで撮ったか?(主題以外にもピントを合わせたか?)

9) 絞りを開いて撮ったか?(主題のみにピントを合わせたか?)

10) シャッター速度を速くして、手前や背景に写り込むものの動きを止めたか?

11) シャッター速度を遅くして、手前や背景に写り込むものに動きを持たせたか?

12) 手前にあるものを上手く取り込んだり、排除しているか?

13) 背景に入るものを上手く取り込んだり、排除しているか?

14) 朝日、夕日、逆光、夜間(長時間露光)など、太陽高度や光加減を考慮したか?

15) 雲、雨、雪、雷などの自然・気象条件を考慮したか?

16) 春夏秋冬の季節を考慮したか?(例:背景の菜の花、入道雲、紅葉、雪山や新年・成人式や七五三の晴れ着、鯉のぼりなど)

17) 地平線に水平な写真が原則だが、意図に応じて積極的にカメラを傾け撮影しているか?

18) 上述の確認項目を複数組合わせ、十分に構図を検討したか?

f:id:Unikun:20190404021645j:plain

作例1 日没間際の夕陽に輝くT-33A。絞りを絞り込んで反射部分を際立たせた。さらに画像編集ソフトで暗部を暗くした。(鹿児島、2011年02月26日撮影)

 

f:id:Unikun:20200205135151j:plain

作例2 背景に建物(作例では格納庫)の影や暗い森などを入れ、機体だけに光を当てて主題を浮き上がらせる。「余分な背景を排除する」ための一手法だ。(百里基地現役機、2019年11月20日撮影)

 

f:id:Unikun:20200205140909j:plain

作例3 機体だけでなく周囲の状況も存分に取り込もう。(韓国亀尾市東洛公園、2019年8月30日撮影)

 

f:id:Unikun:20200205141129j:plain

作例4 機体を支える支柱と背景のビルのラインを重ねることで目立たなくし、見る者に一瞬「飛んでいるの?」と思わせる。作例では「不要な物を除去」することに加えて「全体的に暗い影の中で露光オーバーの翼がある」という明暗コントラストを強調する状況とした。(シンガポール空軍博物館、2019年2月28日撮影)

 

f:id:Unikun:20200205143951j:plain

作例5 トップライトの逆光で撮影したF-5E。ファインダー視野率100%未満のカメラで撮影後の機体が前後左右ピッタリ入るように撮るのは至難のワザ(トリミングした方が早いデ!)。機体下面の照り返しによるトーンを重視した。(Indonesia, Caruban. 2010年5月9日) 

 

f:id:Unikun:20200829064156j:plain

作例6 青空に断雲が飛び交う天気の際に撮影。機体前部に光があたり、主翼と後部には雲がかかって暗くなっている瞬間を狙った。地平線は画面全体の下1/3~1/4程度とすると落ち着くはずだ。なお作例は事前に許可を得たうえで立入り禁止エリア内に入場して撮影しています。撮りたい構図がある場合、まずは所有者や地権者に相談するのは基本中の基本。それができない人は「撮ってもよい場所」から撮影すること。(浜名湖、2020年8月27日)

 

f:id:Unikun:20200903114541j:plain

作例7 公園に展示された機体の上に黒い雨雲が発達してきた。機体を逆光とし、絞って空を強調する。(惣三郎沼公園、2020年9月1日撮影)

 

f:id:Unikun:20210105112634j:plain

作例8 夕焼けと機体の一部を絡めてみる。用廃機で実践した例が無かったのでF-15Jと夕焼けを絡めた例で代用する。撮影時にオレンジ~赤系統のフィルタを用いても良いが画像処理ソフトで赤系統の色を強調し、トーンカーブをいじくって空の色の階調を自分の好みに変更するテクニックを身につけよう。情景写真は「撮るだけ」じゃダメだぜ。「画像処理」して「魅せる」までの技量が要求されるのじゃ。自分自身は「他人に魅せられる」域までは達していないけれどサ、言うだけ言わせてもらいます。(那覇基地航空祭にて。2017年12月9日撮影)

 

 以上

<編集履歴>

04Apr.2019 公開

05Jan.2021 見直し更新(第6回目、作例追加)