用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【Belgium】王立軍事歴史博物館(Brussels)

<場所 Place>          Royal Museum of the Armed Forces and Military Histry

略称・通称としてRoyal Military Museumが使われる。

< 位置Location>    50.8411N, 4.3932E  

<機体 Aircraft>         多数  

<訪問日Visit>   2019年06月19日 

f:id:Unikun:20190703205247j:plain

写真1 航空機展示ホール。(2019年06月19日撮影)             

<行き方 Access>

(1) Metroの1号線あるいは5号線のSchuman駅から徒歩10分約750m、もしくはMerode駅から徒歩6分約450m程度。サンカントネール公園の東北端にある。

(2) Tram No.81でMerode駅下車徒歩5分程度。No.81はBruxell-Midi駅の先まで行くので車内から街中を観光するのに良い。Midi駅まで30-50分程度(道路の渋滞次第)。 

(3) No.12、21、22、36、79あたりのバスが周辺を走るが、慣れないと使いづらいのでここでは取り上げない。

f:id:Unikun:20190703211201j:plain

 写真2 展示機の一部。 (2019年06月19日撮影)                             

<解説General> 

(1) ベルギー国内で最大規模の軍事博物館。開館時間は9時から17時、月曜日休館。ほかに1/1, 5/1, 11/1,12/25は休館。詳細はWebサイトで確認すること。なお日にちはM/D/Y表記とD/M/Y表記があるので、前後の関係から推測すること。料金は10Euro(クレジットカードのみ)。

(2) 博物館はバックパック(ディバック含む)での入館禁止。荷物は入口脇のロッカールーム(無料)に預けて入館する。

(3) ベルギー空軍で使用された古典機から最新鋭機F-16まで一通り揃っている。また関係諸国の機体がいくつかある。

(4) 航空機展示ホールは「物置」と評価されるほどゴチャゴチャと文字通り所狭しと機体が押し込まれている。いくつかの機体のタイヤの空気は抜けてペチャンコであり、保存の程度がやや悪いがホコリ程度は拭き取られているようだ。

(5) 天井からの採光があるので、撮影条件は天気に左右される。冬季の夕方は直ぐに暗くなるので、撮影を目的とした場合には注意が必要だ。

(6) 多くの博物館に入館できるBrusselsCardが適用される博物館。販売はしていないようなので、事前に入手しておこう。このカードは24時間有効なので、一日目の午前10時過ぎに最初の博物館に入館して使用を開始し、マンガ博物館など18時まで開館している博物館を最後に見学する(多くの博物館は17時まで)。そして翌日の朝9時にここを訪れると利用効率がよい(多くの博物館は10時開館。なお本Blogでは入場する際の時間の誤差を1時間とみているので「午前10時に使用開始、翌日9時に入場」という書き方をしている)。本館は朝一番に入場する観光客が少ないせいか、のんびりと開館する。よって初日の使用開始は10時30分頃にしておいたほうが無難だ。入場してしまえば(カードの有効時間を過ぎても)一日中館内にいることができる。 

以上

<編集履歴>

03Jul.2019 公開

22Feb.2020 見直し更新(2回目)