用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【Nganjuk】公園のUTI-MiG-15

<編集履歴> 05May.2019公開、08Mar.2020見直し更新(第2回目)

<場所 Place>       Nganjuku駅近くの公園(Gedung Juang)敷地内

<座標 Location>      7.6045S, 111.8964E

<機体 Aircraft>  MiG-15UTI (J-759)

<訪問日 Visit>  01Sep.2018

f:id:Unikun:20190506104623j:plain

写真1 NganjukのMiG-15UTI。反対側からでは光が無く、絵にならない。(2018年9月1日撮影)

                          

<行き方 Access>

1.  Nganjuk駅から南西に直線で約0.8km、歩いて1.6km程度。

    総合病院の隣にある軍事関連の記念公園内 

<解説General> 

1. Surabayaから西南約100kmの地方の町Nganjuk。街中の公園にMiG-15UTIが機首を南に向けてポールの上に展示されている。機体は木陰にありGoogle Mapの衛星写真では確認できないが、StreetViewにて存在を確認できる(2019年5月5日)。 

2. Surabayaから鉄道もしくはバスで訪問する。バスはPurbaya(Bungrasih)バスターミナルからMadiun・Ponorogo方面行が30-45分程度に一本の割合で走っている。Nganjukのバスターミナル(7.5918S, 111.8919E)は町の北西部、駅の先約1.5kmにあるので、Surabaya方面から行く場合には駅前あたりで降ろしてもらおう。なおターミナルは2018年9月時点で工事中で小さなテント売店とトイレがあるだけだ。現地に到着した後、駅やバスターミナルにバイクタクシーはないので歩く。  

3. 本Blogの主旨に合わないが、Surabayaでレンタカーを借りてJombangやMadiunあたりまでの展示機を一気に回るのがベター。ただし2018年9月時点では途中のNuganjukuからMadiunの間は高速道路との接続道路を建設中であり、渋滞が激しく通過に2時間以上を要するので予定を立案する際には注意すること。 

以上