用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

【ハノイ】ベトナム防空・空軍博物館

<場所 Place>       ベトナム防空・空軍博物館 Bao Tang Phong Khong Khong Quan

<座標Location>       20.9995N, 105.8292E

<機体>      各種合わせて20数機

<訪問日 Visit>  30Sep.2018.

f:id:Unikun:20190423224519j:plain

写真1 ショッピングモール「アルテミス」の5階から窓越しに撮影した展示機の一部。(2018年9月30日撮影)

 

<行き方 Access>

1.  ハノイ市内にあり、市バス(No.16, 19, 24)あるいはタクシーを利用。

<解説General> 

1. ハノイ駅の南西に直線で3kmほどの場所にあるベトナム国内で最大の航空機展示場所。かつては空軍博物館と隣接する防空博物館の二つの博物館であったが、2000年前後に統合された。開館時間は土曜日~木曜日の0800~1100、1300~1600(土日祝は1630)、金曜日閉館(グループ見学のみ)で入場料 は30,000VND(2018年9月30日時点) 

2.  博物館の向かい側に建つ「Altemis(アルテミス)」ショッピングセンタービルの5階あたりから屋外展示機を俯瞰して撮影できるが、窓が汚れているために良質な写真は望めない。

3. 博物館前のバス通りは2018年9月の訪問時には拡張・高架工事の真っ最中。2025年ごろまでは渋滞が続くものと思われる。

4. 多くの展示機の中で目玉を挙げるならば、それは墜落したF-4Bファントム(Bu. 53001, NH201 / VF-114)だろう。(北)ベトナム側は「撃墜した」と称し、脱出したパイロットは発射したロケット弾の跳弾かその破片を吸い込んで両エンジンが止まったためと言っているが、結果としては変わりなく後席乗員は死亡、パイロットは捕虜となっている。その近くにはデコイとして用いられた「竹編み」の対空ミサイルSA-2が展示されている。 

f:id:Unikun:20190423224546j:plain

写真2 F-4B墜落機の周囲には各種のエンジンやバードドックの残骸も集められてる。(2018年9月30日撮影)

 

f:id:Unikun:20190423224616j:plain

写真3 裏庭にある超大型ヘリMi-6。周囲に車を停められることが多いため、機体だけの写真は撮りづらい。 (2018年9月30日撮影)

 

以上

<編集履歴>

22Apr.2019 公開

14Oct.2020 見直し実施(第5回目、体裁修正)