用廃機ハンターが行く!

アジア各地に転がる用廃機を見に行くためのガイド(?)

2019-03-16から1日間の記事一覧

ベトナムにおける展示機の概要

【概要と特徴】 1. ベトナム戦争当時の戦跡地に各種の展示物がある、観光客にウケのよい塗装が施されていることが多い。特にハノイおよびHCM都市部の展示機のほぼ全ては観光客ウケするような色合・迷彩に塗り直されており、史料的価値が失われている。一方、…

マレーシアにおける展示機の概要

【概要と特徴】 1. 格安航空会社AirAsia(の長距離専門のAirAsiaX)が就航したために行きやすくなり、また東南アジアエリアのゲートとして立ち寄る機会の多くなった国。 2. かつてKuala Lumpur(以後、本BlogではKLと略す)にはマレーシア空軍博物館が存在し…

【KL近郊】Shah Alam博物館のプロボスト(撤去済、記録)

本機は2015年11月12日~2017年4月29日(GE-Pro画像より)の間に撤去されてしまい現存しないが、かつてあったという記録を紹介する。アクセス手段は観光で訪問する際の参考として残すが、2019年3月以降の変更は行わない。現地を訪問する際には、各自で最新情…

【Pahang州Pekan】Muzium Abu Bakarの展示機

<場所 Place> Muzium Abu Bakar <座標 Location> 3.4943N, 103.3901E <機体 Aircraft> 1) CA-21 Sabre Mk.32 S/N: FM-1905 2) Wasp S/N: M499-01 <訪問日 Visit> 18May.2013 写真1 過去にはポール上に展示されていたコモンウェルズセイバー。(2013年5月18日…

【Pahang州Kuantan】Kuantan基地のゲートガード

<場所 Place> RMAF kuantan基地正門ゲート <機体 Aircraftと座標 Location> 1) CL-41G Tebuan : 3.7582N, 103.2052E 2) F-5E, A-4PTM, MB339AM : 3.7597N, 103.2051E、基地内のため撮影不可 3) カリブー : 3.7775N, 103.2122E、基地内のため撮影不可 <訪問日…